ハゲそろばん

はけそろばん




c0212312_20291160.jpg



先週、小学校からの友達M君から、

『近くに来たから、昼飯でも食べに行こう』

という電話があり、
2人で定食屋で昼食を取りました。

M君はいわゆる悪友です。

彼の腕っぷしの強さは群を抜いていて、
ケンカばかりしていましたが、
M君が負けたことは見たことはありませんでした。

結構一緒に悪いこともしました。
(下らないことが多かったのですが・・・)

夜、1階のベランダから同級生の女の子の×××を取ったり、
一緒にの×きなどもしたりしました。
(大昔のことです。。。)

そんな昔話を色々していたら、
出てきたのが『ハゲそろばん』の話。

もうすぐ中学校を卒業するという時期、
やることがなくて、
夜になると、よくみんなでたむろっていました。

その時も、5人ほどで、たむろっていて
『何か、面白いことねぇ?』
みたいな話をしていました。

そしたら、その中の1人が、

『オレが小学校の時に通っていたソロバン塾の塾長がすげえ怖いんだよ。
プロレスラーみたいなんだけど、ハゲなんだよね!!』

と言いだしました。


みんながその話に喰いつき

『それって、ハゲそろばんじゃねぇ??』

『ハゲで、プロレスラーみたいでそろばん塾長って変じゃねぇ??』

みたいな感じで盛り上がってしまい、
結局、みんなでハゲそろばんに行くことになりました。

特に電話をしてから行ったわけでもなく、
“ハゲでプロレスラーみたいなソロバン塾長を見る”
という冷やかしが目的です。

いざ、“ハゲそろばん”に着いてみると、
授業中で、中に塾長はいる様子。

その時は、みんなが“ハゲそろばん塾長を見たい”という気持ちでいっぱいです。
なんとかして、引きずり出そうみたいなことを話し合いました。


そして、出た結論が

“みんなで、からかいに行こう!!”

です。


今考えると、本当に迷惑な話ですが、
その当時は、わくわくしていました。
(本当にごめんなさい。。。)

みんなが“ハゲそろばん塾長”を見たくて
たまらなかったのです。

5人で自転車に乗って、ハゲそろばんの前に近づくと、
外に漏れる程の塾長の大きな声が聞こえてきました。

『うぉ!!ハゲの声が聞こえてくるぜ!!』

みたいな感じで盛り上がり、
事前に打合せした通り、
塾の目の前で、みんなで声を合わせて、


『は~げ、は~げ、ハゲそろばん!!』


と、大声で叫びました。
(アホですみません。。。)

こうなると、悪ノリです。

5人で、自転車で連なり、
何度もハゲそろばんの前を往復して、


『はーげ、はーげ、ハゲそろばん~!!』


と叫びました。

懲りずに、叫びながら自転車で通ろうとしたその時、

突然、そろばん塾の扉が勢いよく開き、
まさにハゲでプロレスラーみたいな人が、
躊躇なくもの凄い勢いで飛び出してきたのです。


そう、ハゲそろばん塾長本人です。


恐らく、ドアの向こうで僕達が来るタイミングを
見計らっていたのでしょう。

僕達は、必死になって逃げ出しました。
正直言うと、こんなにデカイ人だとは思いませんでした。


やばい!!早く逃げろ!!


一気に形成が不利になりました。


みんな必死になって自転車を漕ぎました。

しかし、そのハゲ塾長のスピードは凄まじいです。
獣のような動きで、仲間の1人を捉え、
自転車ごと倒してしまったのです。

その仲間は、人質として、
塾の中に引きずり込まれて行ってしまったのです。
(本当に獣のような動きでした。)


あっという間の出来ごとです。


結局、僕達は仲間が捉えられている
ハゲそろばんに謝りに行くことにしました。

ハゲそろばんの塾長はデカイし怖いし、
何よりメチャクチャ激怒していました。
(当然のことです。)


2時間程、正座&説教&ビンタを数発を喰らい、
何とか解放してもらいましたが、
本当にアホなことをしたものです。
(ハゲそろばんの塾長、本当にごめんなさい。)


そんなハゲそろばんの話しを、
25年振りにしたのですが、
2人で腹を抱えて大笑いです。

腹がよじれる程笑いました。


人間、本質は変わらないものですね。。。


※悪友M君との悪さは、まだまだあります。
また機会があったらブログで書きますね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2016-07-02 23:21 | おもしろブログ

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31