カテゴリ:子供( 7 )

父の日

今日は父の日

息子として、父親として、両方の立場でこの日を迎える。。。



息子としての立場では、僕の父親はこだわりが強くて、毎年、何を贈るかを迷ってしまう。


最近は丸くなってきたが、昔の父は本当に頑固だった。

父ほどではないが、僕の頑固さは父親譲りなのだろう。。


そんな頑固な父だが、僕が小学生から高校生まで続けていた野球の試合には、ほぼ全試合観戦に来てくれた。


当時は、野球の試合が終わり家に帰ると、野球の出来ない父からいちいち試合中のプレーに対して言われるのが苦痛だった。。


しかし、僕がシニアリーグで野球をすることになったら、知らないうちに父は審判になっていた。。汗


父が野球のルールブックを読み込んでいたのを覚えている。

相当勉強したのだろう。。



僕が高校に進学して野球を続けた時も練習試合も含めてほぼ毎試合見に来てくれた。


僕が入った高校の野球部は県内では強豪校で、練習試合も積極的に行い、年間で約60~70試合行っていたと思う。


その試合にほとんど来てくれたということは相当なことだ。


当時は色々と言われて面倒くさいな…と思ったことも多々あったが


今考えると、愛されていたんだと感謝の気持ちでいっぱいだ。


親が近くにいるという当たり前のことが、どれだけ安心を与えてくれただろう・・・



それに引き換え、父親の僕は子供達と近くにいてあげることさえしてあげてない。


どれだけ寂しい、悲しい想いをさせているのだろうか。。。


僕には、今年高校を卒業した娘と、中学3年生になる息子がいるが、7年ほど前から離れて暮らしている。


娘も息子も中学1年生くらいまでは、ほぼ毎週のように会っていたし、毎日電話で「おやすみ」を言うのが日課だった。


しかし、年齢を重ねると親との接点が次第になくなり電話を掛けても出ない時が多くなり、土日は部活、友達と遊ぶなど一緒にどこかに行くことも少なくなってきた。


普通の家庭であれば家に帰れば両親がいる。
しかし、僕はそこにいない。


父が息子の僕にしてくれた当たり前のことを、父である僕は子供達に全くしてあげられていない。


約10年間、ほぼ毎週、僕の野球の試合を見に来てくれた父。


それに対して僕は家に一緒にいてあげることさえしていない。。


そんなダメな父親に対して、高校を卒業して専門学校に進んだ娘から、先週の土曜日にオシャレなハンカチをもらった。


「パパは普通のサラリーマンと違うから悩んだよ」


そう言って、娘は僕に父の日のプレゼントを渡してくれた。



先週の土曜日はたまたま用事があって、娘と2人で約7時間一緒に過ごしたが、その際にサプライズ的な感じでハンカチをくれた。


凄くうれしかった。


思わず涙がこぼれそうになった。


こんな父親に対して、まだパパと呼んでくれて、父の日のプレゼントまでくれる…


さらに「こんど私のバイト代でご飯食べに行こうね!」

と言ってくれた。


本当に嬉しかった。


本当にありがとう!!




ずっと一緒にいてくれた僕の父。


子供達と一緒にいてあげられなかった父親の僕。


本当にひどい父親だ。。


過去を振り返れば、色々な反省があるし、あの時あんなことをしなければ・・・なんて思うこともたくさんある。


そんなことを思う度、自分の今までの人生に対して嫌気がさしたり、人生ゲームのようにリセットしたいなんて思ったりする。



でも、今ある事実は全て自分の選択によるもの。


良いことも悪いことも全て含めて、過去を受け入れないと、前を向けないし未来はないと思う。


決して過去の責任から逃れるというわけではない。


どうにもならない過去を引きずるよりも、未来を見ながら今一瞬をベストを尽くして生きていくしかない。


反省すべき過去があるなら、その過去を挽回する未来をつくるしかない。


随分話しが逸れてしまったが、息子として父にしてあげられること、父として子供達にしてあげられること、この2つを父の日を通じてもう一度考えようと思う。



最後に、父に対して、子供達に対して、心から感謝したい。


本当にありがとう!!









[PR]
by sasaki-ryosuke | 2015-06-21 15:42 | 子供

誕生日!!

今日は愛娘Nちゃんの17歳の誕生日。


改めて、誕生日おめでとう!!


あっという間に17歳。


あと少しで成人か…



早いものだ。。



ついこないだまで
赤ちゃんだと思っていたのに…
(オーバーかな??笑)


10歳の時から離れて暮らしてるけど
凄く寂しい思いをさせてるね。。


離れて暮らすようになってすぐの時は
週に一回会って、Nちゃんと別れる時、
いつも泣いてたよね。。


地下鉄のエスカレーターを下りながら
上を見上げてずっと泣いていた。。


今でもあのシーンを覚えてる。


しばらく経つと別れる時も
泣かなくなり、
そして毎日掛けていた電話にも
出なくなりして
慣れたのかな?
なんて思ったりしたけど
ずっと寂しい思いをしてたんだよね。
ごめんね。。


Nちゃん、S君のことは
今でも、いつも、いつも、
ずっと思ってる。。



何してるのかな?
辛い思いをしてないかな?
寒くないかな?
風邪引いてないかな?
大きな病気とかしてないかな?


とか、なぜか心配事ばかり(笑)


色々あったけど、
Nちゃんが17歳になったことを
本当に嬉しく思う。


沢山泣いた分
心の底から
幸せになって欲しいと思ってる。


沢山泣かせた分
心の底から
幸せにしたいと思ってる。
(犯罪以外なら何でも出来る。。笑)


将来、Nちゃんが結婚したとしても
式には呼んでくれないと思ってる。


それは、離れた時から
覚悟してること。


将来、パパと呼んでくれないかもしれない。。


でも、それでもいい。



ただ、ただ、
幸せになってくれるだけでいい…



そんな願いと


喜びを込めて


ハッピーバースデー!!
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-03-05 20:37 | 子供

運動会

c0212312_18225447.jpg

昨日は長男(少5)の運動会でした。
かけっこには自信を持っている長男。

実は5年連続リレーの選手に選ばれています。
(5年連続は同学年で2人だけらしいです)

そして徒競走では毎年最終組で走ります。
(この学校では一番速い子達が最終組になります)

自分の子ながら、よく頑張っているなあと思います。


いや、相当頑張っています。


今年も頑張ってくれました。

徒競走では1位を取れなかったけれど最終組で3位、
リレーの選手でもトップとの差を詰めました。

今年は本人も充実していた様子です。


2年生の運動会で、徒競走で5位になったとき
長男が悔しくて号泣していたのを思い出します。
(それでも学年で5位なのですが・・)

その時はてっきり1位になれなかったのが
悔し涙の理由だと思ったら2位から5位がほぼ同着で、

『本当は2位だったのに・・』


『インコースは苦手だから5位になった・・』


というのが泣いている理由だと聞いて
僕は激怒しました。


『2位も5位も変わらねえだろ!だいたいお前は1位を目指していたんじゃねぇのか!』


『1位になれなくて泣くならまだしも、そんな小さな理由で泣くなら運動会なんか出るんじゃねぇ!』


崩れ落ちて泣いている長男に対して
たたみ掛けるようにして怒鳴った記憶があります。
(今考えると滅茶苦茶なことを言ったと思います)


『本当は1位になりたかったんだよ・・』



長男は本音を言って
さらに号泣しました。


僕は心を鬼にして


『そんな下らねえことをいう奴だから1位を取れなかったんだよ!』


『お前みたい奴は一生1位なんか取れやしねぇよ!』


とトドメを差した記憶があります。


それから長男は体をヒクヒクさせながら3時間ほど泣き続けました。
(子どもには厳しくなってしまうのです。。)

その時の衝撃が強かったせいか、それ以降、運動会の結果に対して
言い訳をするようなことは2度となくなり、
毎回相当なプレッシャーを感じながらも結果を素直に受け止め
自分なりに充実感を持つようになたみたいです。



何度も言いますが、今年もよく頑張りました。


親バカと言われても仕方ないかもしれませんが
一生懸命頑張っている姿をみて心から感動しました。

運動会の最後を飾る校内リレー大会でも
立派に走りきりました。


それも五年連続で・・


今、僕は子供達と離れて暮らしています。


それも僕の勝手な理由で・・・


毎週のように会っているとはいえ
凄く寂しい思いをさせています。


はっきり言って父親失格です。



離れて暮らすようになった当初、
僕はどのようにして子供達と接してよいか分かりませんでした。


何も言う権利など自分にはないと思えたからです。



でも今出来ることをしてあげよう・・・


一緒にいる時は、一生懸命愛情を注いであげよう・・・


次第にそんな考え方になりました。




今、与えられる限りの愛情を与えてあげる。

そして何より、自分達は、
誰よりも愛されているということを伝えたい・・


最低限のことかもしれませんが
それが今の僕に出来ることだと思うのです。



昨日の運動会では大きなパワーをもらいました。


子供達の一生懸命な姿を見ていると、
もっと僕も頑張らなくてはいけない。


改めて、そう思います。



もっと、もっと、
僕も頑張らなければいけないですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-05-22 18:22 | 子供

理由などいらない

今日は子供の運動会です。

運動会を見ていて、いつも思うのですが、
みんな本当に頑張っています。

一生懸命走るし一生懸命応援をしています。

子供にとっては当然の行為かもしれません。

しかし、
大人になるとなぜ出来ないのでしょうか?

『理由』がないと頑張れなかったり、
助け合ったりすることが出来ない大人が
本当に多いような気がします。

子供の時は、みんな出来ていたのに、
どうしてでしょうかね。


色々経験したから?


知恵がついたから?


経験、知恵がついたことによって、
自分の限界を設けたり、
行動出来なかったりするなら、
そんな経験、知恵など全く必要ありません。

そんな経験、知恵は、
頑張れない理由を正当化するだけです。


理由がなくても一生懸命頑張っている子供がいる。


その反面、理由がなければ頑張れない大人、
頑張れない理由を探している大人がいる。

そんなことで良いのでしょうか?


『TIME IS LIFE』


人には寿命があります。


大人になればなる程、
寿命は短くなっていきます。


理由がなくても頑張るのは、
本当は大人のはずではないでしょうか?


僕の寿命はおそらく残り半分を切っています。


もう寿命の半分を使ってしまっている
ということになります。


そう考えると、
一つでも多くのことにチャレンジしたいし、
成し遂げていきたい・・・


そう強く思うのです。


子供の運動会を見ると奮い立たされます。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-05-22 11:31 | 子供

生田緑地

c0212312_11153111.jpg

川崎市の生田緑地に来ています。

ここには、岡本太郎美術館、プラネタリウム、
などがあります。

長男はここが好きみたいです。


只今リフティングに夢中です。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-02-21 11:15 | 子供

子供とトランプ

c0212312_2331594.jpg

c0212312_2331578.jpg

小学校三年生の長男がトランプをしたいと言い出したので、
二人でトランプをすることに。


しかし・・・


家にはHなトランプしかない!


仕方なくHなトランプで長男と大富豪。


色々な意味で盛り上がりました。。


教育上良くないけど、
男同士ならいいでしょ。


※ちなみに僕は洋ものは好きではありません。

どうでも良いことかもしれませんが・・・
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-11-22 23:03 | 子供

大人びた少女


はじめに断っておきますが
僕の彼女ではありません。

まだまだ少女ですが、
海を見て黄昏ている感じが、
大人びた雰囲気に見えるのでしょう・・


知らない間に大きくなったね。



これから、もっと頑張るからね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-25 15:00 | 子供

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31