<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

クーポン共同購入

最近、多くの共同クーポン購入サイトが立ちあがっています。

これらのサイトの出現は、現状の定額制の広告モデル、
成功報酬モデルの存続を脅かしていくと思われます。

クーポン共同購入の魅力をユーザー視点から考えると・・・

・割引率が高い(それも有名なお店)

・数量限定

・期間限定


などがあげられますが、
他に“現在の販売数”“残り時間、クーポン数”など、
さらにユーザーが購入したくなるような仕掛けもあります。

ユーザーにとっての魅力は、
広告主にとっても大きな魅力になってきます。

広告主にとっては、数量(来店数)と期間の限定により、
来店数と来店時期が計算出来るようになります。
(広告費用も計算出来ます)

“この期間に、これだけの人が必要”

という希望を叶えることが出来るのです。

これなら多少割引率が高くても、
広告主側のメリットは大きいでしょう。

広告主は、常にお客様が欲しいというわけではないのです。

“常にお客様が欲しい!!”

と訴えているようなお店は、
ブランドイメージを落としてしまいます。

インターネット広告のメリットの一つに、
“24時間営業、年中無休”がありましたが、
(ネット上では常に営業をしているということです)

広告内容の中で、
割引、クーポンなどが常に掲載されていれば、

“年中セール!!”

みたいになってしまうのです。

もちろん、常にクーポン内容を変えたりすれば、
年中セールのようなお店には思われないかもしれませんが、

単なる“垂れ流し”的な広告に
なってしまう危険性はあるのです。


共同クーポン購入の仕組みが浸透していくと、
現状の定額制の広告モデル、成功報酬モデルは、
かなり厳しい状況に追い込まれていくことでしょう。

個人的には、リクルートのポンパレードと、
ホットペッパーホットペッパービューティ
どのように共存共栄していくか注目していますが、


狭く深く=クーポン共同購入

広く浅く=定額性、成功報酬

という役割分担になるのでしょうか。


いずれにしても、
クーポン共同購入サイトの今後の動向に
注目しなければいけないですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-31 16:18 | 想い・考え

もどかしさ

目の前に道があるのに、
走り出せないもどかしさ。

それがずっと続くと
心が折れそうになります。

しかし、
そんな状況は全て自分自身が招いたこと。


全て受け入れるしかありません。


でも、絶対に走り出せるし、
走り出したら誰よりも早く走れるという信念を
持ち続けなければいけないと思うのです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-31 01:58 | 想い・考え

プレッシャー

僕はいつも自分にプレッシャーをかけて
仕事をしています。

最近は特にその傾向が大きくなり、
仕事を取れなかったら死を意味する・・・
までプレッシャーをかけています。

仕事を取れない=死

オーバーに思えるかもしれませんが、
よく考えると当然のことかもしれません。

仕事を取らなければ、売上も上がらないですし、
お金も入ってこない・・・
生活することも困難になって行くのです。

この当たり前のことを常に意識している人と、
全く意識していない人の差は大きい。

一つ一つのプレゼンが
生きるか死ぬかの瀬戸際なのです。


そして、仕事を取ると同じくらい重要なことは、
『お客様の利益を出す』ということです。

お客様の利益に繋がらない仕事をしていたら、
これまた『死』を意味します。

次がないのです。


実際、仕事を取らなくても、
お客様の利益にならなくても、
死ぬわけではありませんが、

そこまでの意識を持っていれば、
神経が研ぎ澄まされますし、
命懸けで仕事をするわけです。

もっと早くこのような意識で
仕事をすればよかったのですが、
やはり環境でしょうね。

サラリーマンだったら
一生理解出来なかったと思います。

成長という生易しい言葉ではなく、
生きるために進化しなければならないのです。

ムサシは侍
侍は常に真剣勝負。

敗北は死を意味します。

だから、常に侍魂を持って、
命懸けで仕事をしていきたいと思うのです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-30 01:42 | 想い・考え

否定語

何かにつけて、『いや』『でも』
と言う人がいます。

このような人は、
すぐに否定語を使いたがります。

否定語を使っても、自分の信念を貫いたり、
全て自己責任において行動するなら良いですが、

否定だけして自分の意見がなかったり、
責任から逃げたりする人はたちが悪いです。

他人を否定するだけです。

このような『否定するだけの人』
はけっこう存在します。

このような人達は、他人を否定することで、
自分の存在価値を高められると勘違いしています。

このような『否定族』にならないためにも、
先ずは否定語を使わないことが大切です。

否定語を頻繁に使う人に、
先ず成功者はいないですから・・・


先ずは『はい』『そうですね』
から入るべきですね。


僕も気を付けなければ・・・
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-25 17:06 | 想い・考え

やられました・・・

昨夜は新宿荒木町のマジックバーで、
ちょっとした美容業界の方々の集まりがありました。

・美容業界NO1のセミナー講師ロレアル戸谷部長

・美容業界で1,2を争う熱い経営者栗原副社長

・美容業界の虎ビューティガレージ野村社長

・最近東京湾に落ちた、ミスターサロンマイル イデアシステム郡谷社長

・エロ侍こと理美容教育出版の関口次長


※他の方は初対面だったためここでの紹介は控えさせて頂きます。
(変な紹介をするといけないので・・・)


結論から言うと、とても楽しかったです。


マジックバーのマジシャンは凄かったです・・・

なんたって、長袖のYシャツのボタンを外し、袖をめくってみたら、
消えたはずのトランプがシールとなって、僕の腕に貼ってあるのですから・・・

あるはずのないシールがいきなり僕の腕に貼られているんですよ!!!
(すみません、説明するのがとても面倒くさいので想像して下さい。。。)


あとマジシャンの手からいきなりシャンパンやデカイ西瓜が出てきたり、


机が空を飛んでいるんですよ!!!


さらに、目隠しでルービックキューブを6面揃えたりするんですよ!!


(なんか嘘つきみたいになっていますが、すべて本当です)



とにかく興奮してしまいました。


オヤジなのに、久しぶりに子供になった気分です。


マジックで興奮し過ぎたせいか、
2件目の飲み屋さんでは、不覚にも寝てしまいました。


その模様を栗原副社長に激写されてしまいました。


そして、お約束の栗原さんのブログにアップ。。。


やられました。。。


余計、人間不信になりそうです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-22 23:03 | お世話になっている方

プライド

どんな状況でも、プライドは持っていよう。


プライドを持てなくなったら終わり。


もちろん、下らないことにプライドを持つ必要はない。


絶対に譲れないことにプライドを持つことが重要。


そのプライドを守るためなら、パンツ一丁で街を歩いてもいいし、


首輪を繋がれて、四つん這い(YB)になって歩いても構わない。


(そういうPLAYが好きな人はいるかもしれないが・・・)


それが本当のプライド。


僕の中にも絶対に譲れないプライドはある。


そのプライドがある限り、


どんな状況でも、絶対に諦めない。



このプライドがなくなったら終わり。


だから、常にプライドを持ち続けていこう。



※でも、YBはしたくない・・・
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-22 22:37 | 想い・考え

良いWEBサイトをつくる

弊社は美容室向けのWEBサイトの構築を多く行っておりますが、
制作したサロン様に対して、
コンサルティングのようなことも行っております。

WEBサイトは生き物なので、
現状を把握した上で、将来的な対策を練っていかないと
良いサイトには成長しません。

前職で、『ビューティーナビ』という
大規模な美容室検索サイトの運営を任されていた時、

毎週、土曜、日曜などの休日を使って、
かなり長い時間、サイトのログ解析を見ていました。

単に全体のアクセス数が上がった下がったというではなく、
解析の数字の隅々まで見てました。

数字という結果に対して仮説を立て実行する。
基本的なことすが、この繰り返しです。

そんなことを約5年も行っていたので、
サロンのWEBサイトのログ解析を見れば、
すぐに、どこが問題かが分かります。

もちろん、すぐには解決するとは限りませんが、
時間を掛ければ解決させる自信はあります。


この『時間を掛ける』ということが大切なのです。


速効性のある解決策は、やはり継続性に欠けます。


サロンコンセプトをよく理解し、
そのコンセプトからぶれない策を、
一緒に考えていくことが大切なのです。

仮に、僕の一方的な策を押し付け効果が出たとしても
サロン様の納得度は低いし、
いつまでも他力本願となってしまいます。

WEBサイトは、インターネット上の“第二の店舗”なので、
時間を掛けて一緒につくっていかなければいけないのです。

お陰様で、この考え方に共感して頂けるサロン様も
増えてきております。

サロン側からすると面倒かもしれませんが、
“第二の店舗”という位置付けであれば、
時間を掛けて、一緒につくっていくことが大切なのです。

僕達からしても、その方が重要な役割を任せて頂いているという
責任感と遣り甲斐を感じることが出来ます。

良いWEBサイトをつくっていくということは、
一生付き合う程の覚悟がなければいけないのです。

ITの知識を武器に、机上の空論、評論家的なことをいくら言っても、
良いWEBサイトはつくれないことは確かです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-17 10:05 | 想い・考え
先入観を持って接っしてくる人がいます。
僕はそんな人が大嫌いです。
(昔からそうです)

確かに相手に先入観を与えているのは、
自分自身の問題でしょう。


しかし、先入観を押し付け、

『アナタはこんな人間なんですよ』

というようなことを言う人。


はっきり言って余計なお世話です。


自分の先入観は、
自分の心の中にとどめておけば良いのです。


これは助言ではなく、
自己満足の域に達しています。


相手のためではなく、
自分の先入観は正しいと確認する作業です。


このような人に限って、
いざという時に何の力にはなってくれません。


単に自分の考えを押し付けたいだけで、
相手のためなど少しも思っていないのですから・・・


このような人間にだけはなりたくないですね。


常に相手のためを思っての言動を心掛けたいです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-13 21:49 | スパイシー

個を高める

あるサロンオーナーから、
『佐々木さん程、全国の美容師と繋がっている人はいないんじゃないの?』
と言われました。

それはオーバーな話かもしれませんが、
確かに様々な場所に出現したような気がします。

前職で東海版、関西版、九州版を立ち上げた時、
僕は先陣を切って現地に向かいサロン開拓をしました。

全く分からない土地で新規開拓を行うことは、
とても大変なことですが、
その時にお付き合いして頂いた方々とは、
今も深くお付き合いをさせて頂いております。

本物の人脈をつくりたいなら、
自分でゼロから開拓するべきです。

当然、会社の顧客なので、
最終的には会社の財産となるのですが、
営業マンの醍醐味は、
やはり新規開拓なのではないでしょうか?

特にリーダーと呼ばれる人は、
一番辛い新規開拓を行い、顧客を固定化させて、
下の人間に引き継ぐということをしなければいけません。

新規開拓した顧客が多い営業マンほど、
優秀な営業マンと言えるのではないでしょうか?

能力のない人ほど、
他人の手柄を、さも自分の手柄のように話します。
このような人は、
営業マンとしてのプライドが全くありません。

このような人は組織の中で、
『良い立ち位置』を取れるかもしれませんが、
そんな人間が多い組織に未来はありません。

いくら都合の良い言い回しをしても、
事実として全体の売上が増えることはないでしょう。

顧客数を増やし、その顧客ごとの売上を増やさなければ、
全体の売上は上がらないのですから・・・
(当然のことです。)

何度も言いますが、
顧客数が増えず、顧客単価が上がらないから
全体の売上が上がらないのです。

オレはこの部分だけは伸ばした!
と言い張る人ほど情けないことはないでしょう。

結果を見れば一目瞭然なのですから・・・


僕は会社を経営する立場ですが、
当然ながら顧客の開拓も行わなければいけません。
大変なことですが、
とても遣り甲斐があります。

新しい事業へのチャレンジ、顧客の開拓ということが、
個の能力を高めていくのです。

個の能力を高めなければ、
組織全体の能力は高まっていくことはないでしょう。


下の人間は優秀で、上の人間は無能・・・
そんな組織をよく見かけます。

上の人間が自分を高めるためのチャレンジを怠っているからです。

起業するということは、
自分を高めるための最高のチャレンジです。

この先、弊社も強い組織をつくっていかなければなりません。
しかし、組織論を語る前に自分を高めることが大切です。

ワールドカップでよく出てくる
『個』と『組織』どちらが大切か?という話。

個よりも、組織の方が大事だという結論に至ることが多いのですが、
見落としがちなのが、個の能力の高さの大切さ。

そもそも、ワールドカップに出てくる選手は、
皆、個の能力が高いのです。

高い能力の個が集まり、組織のために動くから、
強い組織になっていくということを忘れてはいけません。

個の能力が高くなければ、
強い組織をつくるというようなことなど到底無理なことでしょう。

組織は無力な個を補うために存在するのではなく、
個を高め、その個々の能力が、
掛け算になるためにあるのです。

組織を理由に個の能力を高めることをしないと、
組織全体が衰退していきます。

強い組織をつくるために、
先ずは強い個をつくることが大切なのです。


強い組織をつくるために、
強い個をつくる・・・

そのためには、
先ずはトップが成長し続けなければならない。

そのことを忘れずにいたいと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-12 10:36 | 想い・考え

出逢いと別れ

出逢いもあれば別れもあります。

浅く永い付き合いもあれば、
深く短い付き合いもあります。

出来ることなら
深く永い付き合いの方がいい。

しかし、
深く永く付き合うことは本当に難しい。

付き合いが深いが故に
永く付き合えない場合もあります。

深い付き合いが故に
別れの時のショックは大きい。

だから深く付き合うことに躊躇するのです。

それでも深く付き合うことを目指したい。

その人と出逢えること自体が奇跡なのですから・・

人生は過去でもなく未来でもありません。

今この一瞬です。

目の前にいる相手に対して、
過去を気にしたり、将来を不安に思うより、
今この一瞬を大切にしたいと思います。

今この一瞬に出来ることをする・・・

もちろん、相手の幸せを一番に考えて・・・


それしか出来ないのです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-07-11 16:13 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31