<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本一!!

昨夜は某メーカーの役員Yさんと飲みました。
(朝方まで御一緒させて頂きました)

僕と同い年のYさんはとにかく熱い方です。


Yさんは自社と自ブランドを心底愛しています。


そして、常々自社を日本一にする!
と公言しています。



日本一・・・


僕も前職で自社ポータルサイトをNO1にする!
と言っていました。


『佐々木さん、どうなったらNO1なんですか?』


とメンバーから質問された時は


『それはこれから考えるんだよ!』


なんていうやり取りも多かったのですが、
それでもNO1になると公言していました。


志半ばで前職を辞め、起業してから約2年経ちましたが
堂々と日本一になる!と公言している人がそばにいる。


とても刺激的なことです。



朝方3時頃、Yさんは僕に熱く語ってくれました。


『佐々木さん、オレは絶対に○○を日本一にしたいんや!そのためだけに生涯懸けてもいいんや!』


それまでは、朝方に近い時間で、
さらにお酒も入り少し眠りかけていましたが
(いつも通り“落ちて”いました。。。)


この言葉を聞いた瞬間、眠気が一気に覚め
そして、全身に鳥肌が立ってきました。


日本一になるということを、
こんなに熱く語れる人がいる。


これは“ヤバイ”です。


その時の気持ちをどのように表現していいのか分かりませんが、
とにかく“ヤバイ”の一言です。


一気に全身に鳥肌が立ちました。


・日本一


・天下統一


・全国制覇



このような分かり易いけれど、非常に重みのある言葉を、
迷いなく言い切れることはとても凄いことです。


めちゃめちゃ感動しました。



弊社も“ビューティーTV”というサイトを通じて
美容業界のE-ラーニングという新たなる分野でチャレンジしている段階です。


何社か競合サイトはありますが、
まだまだこれから開拓していかなければいけない市場です。


“新たな市場を開拓しつつ、この分野で日本一になる”


最低でも達成しなければいけない目標です。



何が日本一?と言えば


・日本一、最高峰のテクニックが見れる。


・日本一、美容師にとって勉強になる。


・日本一、売上がある。


・日本一、動画の質が良い。


・日本一、信頼度が高い。


・日本一、サイトが使いやすい。


・日本一、注目度が高い。


・日本一、美容師が憧れる。


出せばキリがありませんが、
代表的な日本一は上記の通りです。


本気で日本一を考えるならば全ての項目において
“日本一”という言葉をつけなければいけません。


その一つ一つの項目が日本一であり、
その項目が重なり合った時、
絶対的な日本一になるはずです。


Yさんに負けず、僕ももう一度
“日本一”を公言したいと思います。


そして、今度こそ“日本一”を具現化します!!
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-10-22 13:31 | お世話になっている方

100K徒歩大会

先週の土日は100K徒歩大会に参加しました。


昨年に続き二回目の参加です。


参加前は、あまり乗り気ではなかったけど、
参加するからには完歩しなければいけない・・


そう決意して挑みました。


しかし、結果は75K地点でリタイア。


惨敗です。


情けない結果です。。



昨年よりも25K以上距離が伸びた。



天候が最悪な条件だった。


完歩者が半数にも満たなかった。



そんなことを心の片隅で思ってる自分がいることに
さらに情けない気持ちになりました。


自分の気持ちは他人には隠すことは出来ても
自分には隠すことは出来ません。


惨敗・・・
恥じるべき結果だと言いながらも
一方で、良くやった、仕方ない、
なんて思ってる自分がいる・・


これこそ恥じるべきことです。



本当に情けないし、格好悪い・・・



かと言って、リタイア直後は、
来年は参加するつもりなど全くなかったし、
もう二度と歩かないと決めていた自分がいました。


情けないのは分かっていても
こんなにしんどいことは絶対にやらないと
一時は決めたのです。


しかし、大変お世話になってるNさん(完歩経験者)が
熱い想いを持って僕に再度挑戦するべきだと
提言してくれたです。


Nさんの言葉で目が覚めました。


もう少しで僕は負け犬のレッテルを貼ったまま
生きていかなければいけないところでした。


何度も言いますが、
僕は今回の100K徒歩大会には嫌々参加はしましたが、スタート直後は100Kを必ず完歩するという
決意を持って歩いていたのです。


そんな決意がありながら途中でリタイアした挙げ句
昨年より記録が伸びたからいいやとか、
こんな大雨の中だから仕方ないやとか、
半分以上はリタイアしたのだから仕方ないやとか、
メチャメチャ情けないことを
心の中で思っていたのです。


言葉では惨敗とか、恥じとか発しながら
心の中ではこんな情けない考えを持っていたのです。

自分を偽り演じることは簡単なことです。

まして、こんなクレイジー?な大会に出るだけで、
他人は大目に見てくれるものです。
(あまり出たいと思う人がいないからです)


だけど、そんな考えでは、
この先の様々な困難に打ち克つことなど出来ません。


だから来年は必ず完歩します。


そして自分としてのケジメをつけたいと思います。



たかが100K徒歩大会、
されど100K徒歩大会ですね。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-10-21 00:03 | 想い・考え

頑張れない理由

頑張れない理由は自らが生み出している。



決して自分の周りに
頑張れない理由がたくさんあるわけではない。



逆に、周りを見渡せば頑張れる理由ばかり。



頑張れない時は知らず知らずのうちに
頑張れない理由を探してる。



なんとか理由を探して、
頑張れない自分を安心させようとする。



よく考えると
そっちの方が不自然なこと。



人は産まれたときから頑張れるように出来ている。



赤ん坊は生きるためにお腹が空いたら
一生懸命泣いて母乳を求める。



そしてハイハイをし、
歩くために立ち上がろうとする。



産まれながら頑張れるようになっている。



普通に考えたら成長して大人になったら
もっと頑張れるはず。



もっと本能のまま、邪念なく、
シンプルに考えシンプルに行動すればいい。



そうすれば自然に頑張れるはず。



誰もが不安を持っている。


でも不安は頑張れない理由にならない。



むしろ頑張れる理由になるはずだ。



産まれたばかりの赤ん坊はさぞ不安ばかりだろう。
(もちろん記憶にはないが・・)



でも生きるのに一生懸命だ。



不安を無くすには頑張るしかない。



頑張ることはそんなに大変なことではない。



むしろ自然なこと。



だから先ずは頑張ってみる。



その気持ちが大事。



明日も本能のまま頑張ろう。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-10-11 00:31 | 想い・考え

改善

改善(カイゼン)という言葉は、
一時、トヨタの代名詞的な言葉にもなりましたが、
どんな企業にでも必要とされる言葉です。



当然、弊社にとっても・・・



課題を見付けて、それを改善していく。



仕事とはそんなことの繰返しではないでしょうか。



課題が見えれば、
より良いサービス、商品の提供にも繋がれます。



逆に見えなければ、そのままの状態で
進歩もなにもない・・・



進歩がないということは衰退に繋がります。



だから課題があるということは
決して悪いことではないのです。



でも、課題が見えたら改善しなければいけません。



当然、弊社にもたくさんの課題があります。



その課題を改善していくことによって
会社成長がしていくと思えば
それも良しとしなければいけません。



やはり、一つ一つの課題を
改善していくしかありませんね。



これは半永久的に続くことです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-10-01 15:12 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31