<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

きっかけに感謝する。

今まで生きてきた中で、様々な『きっかけ』があります。


誕生、入学、仕事、結婚、プライベートなどなど、
永い人生の中で本当に多くの、そして奇跡的なきっかけがあるはずです。


きっかけがあったからこそ、出逢いがあり、
その出逢いが縁となり自分の人生を大きく変えていった…


なんていうストーリーはいくらでもあるはずです。


大なり小なり、きっかけがあり、
そのきっかけが振り返ると自分の人生に大きな影響を及ぼした…
ということは誰にでもあることです。


そのきっかけを大切にし、感謝出来る人は、
人との縁も大切にするので、多くの人達と深い繋がりをつくることが出来ますし、

逆にきっかけを大切にしない人は、
表面的な付き合いの人しか集まってこないですし、
信用もされないということになってきます。



きっかけの最たるものが『誕生』です。


その誕生のきっかけをつくってくれたのは『親』となるので、
親孝行出来る人は様々なことに対しても感謝出来ると思います。


『親孝行しなさい!』ということを、ご年輩の方がよく言われますが、
ちゃんと聞いた方がいいですね(笑)


昔は説教みたいに聞こえましたが、
自分が年齢を重ねると、ものすごく真っ当なことだと思えるようになりました。


僕自身の中でも、振り返ると
本当に多くのきっかけがあったと思います。


最近だと、起業したきっかけ、会社に入ったきっかけ、
美容業界に入ったきっかけ、大量の本を読むようになったきっかけ、
毎朝ランニングするきっかけ、野球をはじめたきっかけ、
などなど、言い出せばキリがないほど多くのきっかけがあります。



僕にとって、どれも本当に大切なきっかけです。



オーバーでなく、それぞれのきっかけがなければ
今の僕はないと思います。



そして、それぞれのきっかけをつくってくれた
大切な『人』がいます。


その人にきっかけをつくって頂いたことによって、
様々な出逢い縁があり、様々な素晴らしい経験をすることが出来たのです。


今、自分の周りにある縁、繋がりは、
当たり前ではなく奇跡的だということを常に考えたい…



当たり前だと考えて生きていたら何にも感謝出来ません。



しつこいようですが、様々なきっかけを大切に生きることを常に心掛けたいと思います。
(恩返し出来てないことも多いですが…気持ちは常にあります)



僕自身も、もっときっかけに感謝しなければいけませんが、
周りを見渡しても意外にきっかけに感謝する人が少ない気がします。


そんな中、きっかけに感謝し続けることが出来る人は
とても印象に残るので、また何かしてあげたいと思います。


無償の愛、という言葉はありますが、
やはり自分に感謝してくれる人に対しては
特別な気持ちになってしまうのではないでしょうか。


仕事柄、今まで数え切れない程の人達との出逢いがありましたが
(単に歳をとってるだけかもしれませんが、、)
きっかけに感謝してくれる人は凄く印象に残ります。


表面的な言葉などで伝えてくれる人はたくさんいますが、
行動に表してくれる人はあまりいないので、
逆にこちらが感謝してしまいます。


誰もがそうだと思いますが、感謝されると嬉しくなります。


最近では、きっかけをつくる自分に対して、
いいことしてるなぁ…なんて酔いしれているので(笑)
感謝されるされないということは意識してませんが、
やはり感謝してくれる人は自分の中でも特別な存在になります。



感謝される=嬉しくなる...という構図になるので
僕自身も、きっかけをつくって頂いた方々(=恩人)に対して、
もっともっと感謝しないといけないと思うのです。



その中でも、誕生という最たるきっかけをつくってくれ、
無償の愛で自分を育ててくれた両親に最大の感謝をしたいと思います。


僕も今月末で43歳になります。


この機会にもう一度、全てのきっかけに
感謝し続ける自分でいられるよう心掛けたいと思います。


きっかけを頂いた全ての方々に感謝、感謝です。
有難うございます。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-28 18:36 | 想い・考え

シンプルマインド

今週の月曜日はアース國分社長、杉田さん、
弊社(ビューティガレージ)代表野村との4人で会食でした。


c0212312_8332947.jpg

            國分社長(真ん中)、野村(右)



かなり濃厚な飲み会でした(笑)


アースを全国的に有名にしたカリスマ的存在の國分社長と
『美容業界の虎』と呼ばれている野村…


かなり濃厚なショットですね(笑)



野村が虎なら、國分社長は獅子です。



2人とも業界を代表する異端児ですが、
このような方々とご一緒すると凄く勉強になりますね。


とても貴重な時間を過ごさせて頂きました。



やはり大きなことをする人は芯が強い。


動じないし、ぶれないですね。


アースさんとはweb制作を通じてここ3年程
お付き合いをさせて頂いております。


web制作立上げ当初のミーティングには
毎回、國分社長も参加して頂きました。


ある時など、打合せをしようとしたら國分社長しかいなくて、
かなり緊張したこともありましたが、
次第にその『オーラ』にも慣れて最近では親近感さえ感じるようになりました。
(國分さんはとても気さくな方です)



國分社長と色々と話しをさせて頂きましたが、
一番印象に残ったことが
考え方が実にシンプルだということです。



例えば…


食べれば太る、食べなければ痩せる。
少し太ったなと思えば1日〜2日食べない。
太るのは単に食べてるからでしょ。
(美容関係の経営者として太るのは許されないとも言っていました。。)



仕事を死ぬ気でやれば売上は上がるし、
やらなければ下がるだけ。



こんなことを淡々と話してくれましたが、
それを言葉に出してやり切るのが凄い。


口先だけで、難しく、格好よく言って
結局、中途半端で終わってしまう人とは真逆です。



アースさんのFCオーナーも國分イズム?を受け継いで
これまたシンプルな考えの方が多いみたいです。


例えば、全国に200店舗以上あるアースを国内で店舗展開するよりも、
海外で出店した方が多店舗展開が出来るという
考えのFCオーナーが増えているみたいです。


日本でアースを多店舗展開するとしたら限界があるけど、
海外だったら何十店舗も出店する可能性が十分あるという考え方です。


そんなFCオーナーに対して國分さんは、
『海外で店舗展開するなら、その土地で墓をつくり死ぬくらいの気持ちでやれ』
というアドバイスをしてるそうです。
(これも実にシンプル!!)


シンプルに考え、そして直線的にゴールに向かって走ると、
最短、最速、そして最大の力を注ぐことが出来ます。


それをもの凄く高いレベルで実践してきたのが
國分社長だと思います。




僕の今年のテーマは『シンプル』


國分さんとお話させて頂き、シンプルに考え、
シンプルに行動するということの重要性を再認識しました。


國分社長に感謝、感謝です!


c0212312_8333037.jpg

           國分社長とのツーショット
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-28 08:34 | 美容室・美容業界

淡々と…

淡々と高いレベルで色々なことをこなす…


それが一番格好いい。



淡々といつも通り。


そして高いレベルでのルーティン化。



ルーティン化出来たらそのレベルを少しずつ上げていけばいい。



その繰り返しを行うだけ…



実にシンプル。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-24 18:33 | 想い・考え

目標

僕のチームでは昨日の振り返り、
今日やるべきことの共有を毎朝行ってる。


それも各自一分間という時間を決めて。


毎日仕事をしていても、意外に何をするべきか?
という目的、目標が明確になっていない場合が多い。


目的、目標が明確な人は成長も早いし結果も出せる。


常に何のために何をするべきか分かっているから、
遠回りしないし、力も分散しない。。


よく仕事の目的、目標が分からないという人がいるが、
その場合は長期的ではなく短期的な目標を立てて注力したらいいと思う。


短期的な目標をクリアしていくうちに
自信もつき何をすべきか分かってくるはず。。


短期的な目標も持てなければ、
ずっと夢遊病のように目的もなく
彷徨い続けていくはめになってしまうだろう。


自分の話しになるが、
今は短期的なことに注力していきたいと思ってる。


無理に長期的な大きな目標を掲げ、
プラス思考へシフトしても良くない結果になると思うし、
それだったら焦らず一つずつ結果を残していくことを考えたい。


スポーツで言えば体幹を鍛える、
インナーマッスルを鍛えるようなものかな?(笑)


思い切ってプレーをしたいけど、
派手ではないが地道に芯となる部分を鍛えあげ、
さらなる高みを目指すための準備をしていく。。。

というようなイメージ。


もちろん、やりたいこともたくさんあるし、
焦りも感じる時もある。


ただ、そんな気持ちを抑え地道に目の前のことに集中し、
結果を出すことに注力するという時期があってもいいのではないかと思う。


そんなことの積み重ねが自信を回復することに繋がり、
再度、自分の可能性を信じることに繋がるのだと思う。


会社の吸収合併で代表を退き3ヶ月が経過したが、
当初は無理矢理モチベーションを上げようという努力もした。


しかし、無理にモチベーションを上げようとすればするほど、
無気力になったり、虚脱感を感じたりした。


ただ、それを言い訳にして何の目標もなく過ごしていたら、
それこそ泥沼にはまっていくので
目先の短期的な目標を立て、
達成することだけに集中することを意識している。


今日やるべきことを毎日タスクシートに記入し、
そのタスクをこなすことをルーティン化するということも
良い習慣づくりに繋がっていったと思う。


毎朝のランニングも良い習慣づくりの一つだと思う。


自分が決めたルートを毎朝走り切ることによって、
自信が積み重なっていくことを実感している。


他愛のない、大したことのないことでも
継続していけば大きな力に変わっていく。


今はそう信じて、
短期的な目標を達成していくことを継続していきたい。


人生でこんな時期もあってもいいかな?
って思ったりする。


決して無駄にはならないはず。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-19 10:25 | 想い・考え

終戦記念日

昨日は終戦記念日でした。
あらためて、戦争で亡くなられた方々の御冥福を御祈り致します。

毎年8/15になると注目されるのが、
首相の靖国神社の参拝をするかしないかという件。

今年は安部総理の靖国神社参拝はなく、
個人的にはとても残念に思っております。


中国、韓国を刺激しないため、またはその関連諸国との関係性などを
考慮した上での判断だと思われますが、日本人として悔しい思いをした方も
とても多いのではないでしょうか。


日本が中国、韓国に侵略?したということに対して
いつまで謝り続けるのでしょうか。
(昨日の追悼式では安倍首相の謝罪の言葉はなかったみたいですが。。)


※日本にとっては侵略戦争ではなく防衛戦争だったと
マッカサーは米国議会で証言しています。



当然、外交という問題はありますが、国のために命を捧げた諸先輩達が
祀られている靖国神社を日本のトップが参拝するということは当然のことであり
外交問題に発展することがおかしいと思うのです。


靖国神社が軍事国家の象徴というのは関係諸国の勝手な見解であり、
ただの言い掛かりのようにしか思えません。
(そこで弱腰な外交にもかなり苛立ちますが・・)



戦争が正しいか、正しくないかといえば、
誰もが正しくない、二度とあってはならないと言うでしょう。


確かに日本は中国、韓国に侵略したかもしれません。


ただ、戦争では多くの日本人も亡くなり、中国人、韓国人、朝鮮人、
ソ連の軍人に大量虐殺などされたという事実もあります。


アメリカに至っては東京大空襲で10万人、
広島、長崎に原爆を落とし20万人以上の人達を殺し、
まさに大量無差別殺人を犯しています。
(沖縄でも20万人以上の命が奪われています)


しかし、日本が戦争を招いた『悪者』だから、
その報いを受けて当然みたいな歴史的な風潮によって、
戦後の日本は常に悪者扱いされ、
学校でも日本は戦争で酷いことをした国だということを
教えられてきたような気がします。
(今考えると、この歴史教育も間違っていたと思います)


僕が言いたいことは、多くの人達が死んでる日本も被害者だ、
中国、韓国にも多くの日本人が殺されているから
お互い様だということではなく、
戦争では国と国が、土地、資源を奪い合い、
人と人が殺し合うことが当たり前に起こるものであり、
その戦争を二度と起こさない平和な社会をつくることを
“世界的に”考えるべきだということです。


過去にヨーロッパ諸国がアジア、アフリカなどの国々に侵略し、
植民地支配をしたなんていう歴史的事実はたくさんありますし、
その際に多くの人達が犠牲となってるということは
今さら言うまでもありません。


こんなことは大昔から繰り返されていることであり、
戦争が起こると、悲しいことですが人々は殺し合わなければ
いけなくなるということは誰もが分かっていることです。


戦争を起こして領地を奪い合い、人と人の殺し合いを
なくすことを考えるべきであって、
終戦後、いまだに憎しみあっていることは
さらなる争いを引き起こすだけだと思うのです。

それより、終戦記念日という日を機に、
世界平和を真剣に考えていかなければいけないと思うのです。


何度も言いますが、国を背負って戦争に行き、
そして亡くなった方々の御冥福を祈ったり、戦死者が祀られている
靖国神社に日本のトップが参拝に行くということは
当然のことだと思うのです。


これは日本国内、日本人としての問題であって
戦争の反省がない、軍事国家を肯定しているとういうこととは
全く違う話だと思います。



終戦後、70年近くになります。

中国、韓国が日本に対して、憎しみ、怒りの感情が消えないのは残念ですが、
時代は違えど、同じ日本人の大先輩達が戦争に行って死んでいるのです。


その大先輩達の魂が宿る靖国神社に参拝に行くことに対して
海外の国々からとやかく言われるのは筋違いだと思います。

日本のトップである安倍首相には
“靖国参拝は海外の国々には一切関係ない”と
一蹴してもらいたいものです。


国を守るために死んでいった方々が、
国に守られないなんてあまりにも酷過ぎます。


文字通り、命懸けで日本という国、自分の大切な人達を守ろうとして
亡くなった方々に尊敬の意も込めて、
心からご冥福をお祈りしたいと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-16 19:21 | 想い・考え

等身大

自分が体験したことをドラマティックに
表現出来る人ってとても羨ましく思います。


最近、ブログ、SNSを見てるとごく日常的なことを
物凄い出来事のように表現する場合が多いような気がします。


大したことをしてないのにオーバーに表現する人は
あまり好きではないですし、学ぶところもないと思っています。


それが事実でなければ単なる嘘ですし、
10倍にして表現しても虚像をつくっているに過ぎません。


単なる嘘つき、又は見栄っ張りですね。


ブログ、SNSの普及によって
見栄っ張りな人が増えてきたような気がします。


その昔、ドラえもんのスネ夫を見た時、あんな嘘つき、見栄っ張りには
なってはいけないんだと誰もが思ったはずです(笑)


しかし、大人になったらスネ夫みたいな人は多いですね。。。


実物、事実と違うとかえって信頼を失います。


リアル、ネットの世界でも
等身大の自分であり続けることが大事ですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-08-06 10:39 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31