<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

役割、責任を明確にし、
誰が、何を、いつまでやるか?
ということを明確にする。

基本的なことかもしれないけど
これが、出来ていない場合が多い。

この基本的なことが出来ていないと
責任の所在が不明確になるし、
仕事もスムーズに進まない。


何よりも、組織に歪が生まれる。


役割、責任が不明確な中で、
進行した仕事が上手くいかない時は

責任感が強い人が責任を負い
立ち位置をとるのが上手な人は
うまく責任を逃れるということが起こる。


この場合、明らかに、
役割、責任の不明確さが問題。


結局、仕事をした人、依頼した人、
その他、その仕事に関わった人
全てが不幸になってしまう。。


仮に上手くいったとしても
役割、責任が明確でないから、
立ち位置取りが上手な人が
手柄を持っていくということが起こる。


立ち位置取りの上手な人にも
問題はあるが、
これは明らかに組織の問題。


役割、責任が明確であれば
立ち位置上手な人は生まれないし
誰が、何を出来て、
何が出来なかったのか、
という評価も検証も出来る。


これは、仕事をスムーズに進める
という点でもとても大事なことだが、
各自の正当な評価にも繋がるし、
課題を把握することによって
各自の今後の成長にも繋がるはず。


誰が、何を出来るのか?
何をやっているのか?
ということを理解しないと
組織、チームとして機能しない。


野球でいえば、キャッチャーに
ピッチャーをやらせたり、
外野に1人しか配置しなかったり、
前日、完投したピッチャーに
平気で連投させたりなど、
メチャメチャなことが起こったりする。


当然、そんな状況では、
いい仕事など出来る訳もない。

でも、何も把握してないから
何で出来ないんだ?
もっと出来るのでは?
という非難が出てきたりする。


誰が、何を、いつまでに。


基本だけど、とても大切なこと。


僕自身も、
もう一度改めないといけないかも。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-02-24 17:34 | 想い・考え

喜ばれることが喜び。

僕のバイブルとなったこの本。

c0212312_1332445.jpg



今まで、モヤモヤしたことが明確となり、
自分が歩くべき道を教えてくれました。


本の題名は『GIVE & TAKE』ですが、
GIVE(与えること)の大切さを教えてくれます。


それも単なる感情論ではなく、
実例も出しながら論理的に書かれています。


ギバー(惜しみなく与える人)
テイカー(自分の利益を優先させる人)
マッチャー(損得のバランスを考える人)


人間には3つのタイプがあり、
多くの人がマッチャーとのことです。


僕の中では、テイカーの人が多いような気もしますが、
この本はギバーとして生き抜くことを勧めています。


マッチャー、テイカーが多いから、ギバーの希少価値が高く、
希少価値が高いから、必要とされている…
ということは容易に想像がつきますし、
(ほとんどの人がギバーだったら本にする必要がないですからね…)
与え続けることが良いことだということも、
誰もがある程度、理解してるはずです。



この本は、ギバーになることによって、単純に幸せになれるということではなく、
ギバーがテイカーの餌食になったり、
自己犠牲で身を滅ぼすこともあるということも教えてくれます。


ギバーとして生き抜くためにはどうしたら良いか?ということが書かれており、
僕の今後の人生に、
大きな影響を与えてくれることは間違いないと思っています。
(当然、実践しなければ意味はないですが…)


そんな多くのことを教えてくれる本ですが、
その中でも、特に印象に残った文章を紹介させて頂きます。



“キバーが燃え尽きるのは、与えすぎたよりも、与えたことで、もたされた影響を、前向きに認めてもらえないことが原因”



これはギバーが見返りを求めているという意味ではありません。


誰かのために、何かのために頑張っているのに、
何の影響もないと感じたり、逆に誰かに迷惑を掛けていると思ったら、
辛く悲しい気持ちになるということです。


ギバーの人達は、誰かに喜ばれたい、役に立ちたいと純粋に思い、頑張っているということですが、
もしかしたら、これはギバーに限らず、
ほとんどの人達に共通して言えることかもしれません。


自分は誰かのために役に立っているんだと思えることが、
自分自身の満足度を高め、それがやり甲斐となり、
また新たな“与える”ことを行っていくのだと思います。


僕は偽善でもなく、自己犠牲で潰れることなく、
本物のギバーとして生きていきたいと強く思ってます。


さらに、誰もが持っているキバーの資質を引き出し、
多くの人達をキバーに導いてあげるような存在に
なりたいという気持ちにもなりました。


こんな偉そうなことを言ってる僕ですが、
振り返ると、過去にテイカーとして行動したことも沢山あると思いますし、
損得勘定で物事を考えたり、人と付き合ったかもしれません。


ただ、理想というものがハッキリ見えたということは、
僕にとって、大きなプラスになったことには間違いありません。


この本を読んで、逆にキバーとして生きることの難しさを感じたりもしましたが、
信念を持って、ギバーとして生きることを貫きたいと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-02-18 12:03 | 想い・考え

伝えなければ伝わらない


理念、ビジョンなど、仕事の意義、目的など、
リーダーが伝えたいことはたくさんあり
それを伝えることに当然ながら努力する。


徹底的に考え、自分の心の奥底まで落とし込むまで考え、
そして、自分の最高の言葉で伝えていく…


そんなことを繰り返さなければ伝わらないだろう。
(繰り返してもなかなか伝わらない。。)


ただ、一つ言えるのは
“伝えなければ伝わらない”ということ。


リーダーは、伝えることから逃げていてはダメ。


伝えないリーダーは、リーダーとは言えない。


中には言葉でも行動でも伝えないリーダーもいるが
そんな人は即リーダーという座から降りたほうがいい。


そんな人はリーダーとしての存在価値がない。


リーダーとして、一つ一つの仕事の意義、
そして、その仕事をやり続けた先のゴールを
しつこい位、伝え続けなければいけない。


先日、ある美容室経営者の方と話しをさせて頂いた。


“単に、あれをやれ、これはダメだ、と言うのではなく、
例え小さなことでも、一つ一つの仕事に『なぜをそれをやるのか?』
ということを伝えていかなければいけない。
なぜなら僕達がやっていることは単純な作業ではなく、
お客様を幸せにすることだから・・”


ということを熱く語ってくれた。


そして、その経営者の考えてることは幹部の方にも
浸透していて、ある幹部の方と話しをしたら、
こんなことを話してくれた。


“店内に輪ゴムが落ちた時も、単に拾いなさいというのではなく
なぜ、輪ゴムを拾わなければいけないのか?
なぜ、輪ゴムが落ちていることに気づかないのか?
ということを真剣に伝えるのです”



とても大変なことだし、悪い言い方をすると
面倒だし、非効率かもしれない。
もしかしたら、マニュアルをつくりチェックリストで
チェックした方が早いかもしれない。



ただ、僕もそんな“面倒なことを”一生懸命出来るリーダーになりたいし、
そんな人達が集まる組織をつくりたいと心の底から思う。


その経営者の方とはインタビュー形式で
約3時間直接話しを聞かせて頂いたが、
僕自身が一番勉強になったと思う。


言葉に表現するのが難しいが、
その方の“気”と“言葉”が直接僕の心の中に入り込み、
“心”といものを直接マッサージをされたような、
または、グッと押されたような、
または、温かく撫でられたような、感じだった。
(表現下手ですみません。。)


まさしく、これが伝える力だと思う。


話しが少しそれてしまったが、
どうして伝えるのか?
伝わった先にはどんなゴールがあるのか?ということを、
僕自身がもっと必死になって考えなければいけないし、
深く、時間を掛けて考える必要があると思った。


伝えるということは、とても難しいこと。


真剣に考えれば、考えるほど、
伝えることが辛くなったり、
ストレスに感じたりすることもある。


けれども、伝えることから逃げてはいけない。



恩師からの言葉

“伝えることは難しい。伝わったか、伝わらないかは、相手の問題だから
佐々木君がどうにか出来ることではない。
ただ、君が出来ることは、相手のことを思って伝え続けること。
例え否定されても、逃げずに伝えていかなければダメだ”

この機会に、もう一度この言葉を胸に刻もう。


僕のような凡人(凡人以下??汗)は
伝える力も人並み以下かもしれない。


でも、相手のことを一生懸命思い、
伝え続けることなら出来る。


伝えなければ、伝わらないからね。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-02-12 01:16 | 想い・考え

Yes.No

最近、Yes.Noを多用してるような気がする。
この半年でもかなり使っている。。

※『YES NO』 オフコースの曲にもあるが…

僕がいつも心掛けていることは、
早い段階でYes.Noを出すということ。

決断力を早めるというのと、いつまでも「考えるリスト」に残したくない
という点でも早くYes.Noを決めるようにしている。

その方が早く次の手を打てるからだ。

営業でも早い段階でクロージングに持っていき、
Yes.Noを出し、ダメな場合はきっぱりと諦める。

ビジネスに限らず、恋愛に対しても同じ。

早い段階で仕掛けてYes.Noを出す。
例えNOでも仕方ないと諦める。。
(若い頃と違って今は仕掛ける機会もないが…)


外食の際もそう。
ムキになって早くメニューを決める。

時間を掛ければどうにかなる場合もあるかもしれないが、
僕の中では時間を掛けて…
という考えにはならない。


もちろん、短時間のうちに最善を尽くし、
結果を出すことは心掛けているが、
決して執着はしない。



僕が尊敬する人は皆決断が早い。


当然ながら決断が早いと行動も早い。


行動が早いと結果が出るのも早い。


TIME IS LIFE時間は命そのもの。
(またこのフレーズかよ!とか言わないで下さいね)


人は皆死に向かって歩いてる。


どうせなら、早く決断し、
今すぐ未来のために行動した方がいい。



ナンパもそうでしょ?

1人、1組の女性に時間を掛けるより、
多くの女性に声を掛けた方がいい。


営業もそうでしょ?

デスク上に見込み客リストを大事に温めてる位なら、
さっさと違う顧客にアプローチした方がいい。


ライオンもそうでしょ?(??)

シマウマの群れをみたら真っ先に標的を定め一気に仕留めに行く。
仮に仕留められなかったら他のシマウマにいく。



テトリスもそうでしょ?(???)
瞬時に落ちてくるブロックを瞬時の判断で積み重ねていく…



テトリスなんか人生とよく似てると思う。


早く決断しないと、すぐにゲームオーバーになってしまう。。



我ながら低レベルな例えだと思うけど
人生は決断の繰り返しで、多く決断した人が多くの行動をし、
多くの体験を積み、多くの結果を出すという単純な構図。


そして、多くの決断をした人は、
多くの成功、失敗もしてるから、自然と経験値も高くなっている。



経験値が高いと、新たな行動、チャレンジをすることが出来る。



人生なんて、そんなことの繰り返しだと思う。
(まだ人生を語る程生きてはいないが。。)


世の中、語るだけでブランディングしてる偽者もたくさんいるけど
語ってるだけでは何の結果も出ないし、自分の人生に何も残りやしない。


だから、早く決断し、自分の中でYes.Noを出して
常に未来へと行動しないといけないと思う。


時には立ち止って考えることも大事だと思うけど、
立ち止っている間も死へのカウントダウンは止まらない。


人生は決断の連続。


だから、これからも早い段階でのYes.Noを実行していきたい。


もちろん、自分らしく、自分の人生を生きるためにね…
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-02-05 19:38 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28