<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

価値観

最近思うこと…


人には人それぞれの価値観があるって。


当たり前かもしれないけど。。


6月に設立したR-FAITHは3社目の会社設立になるけど、以前の2社の設立時のようなギラギラとした野心がないことに気付く。


以前は100億円企業をつくるんだ!とか年収⚪️千万!なんて手帳に書いたりしたけど今は全く違う。
(もちろん、そうなれば嬉しいけど。。)


例えば、松下幸之助さん、稲盛和夫さん、孫正義さんのような経営者は本当に凄いと思うし、後世に語り継がれていくと思う。


無理だけど、僕もこんな経営者みたいになりたいと思ったりする(この方々の本もたくさん読んだし。。)



ただ、起業家を目指さない、興味のない人達からすると、この歴史に残る経営者達も、単に有名な人、名前を聞いたことのある人だけなのかもしれない。


プロ野球選手に憧れる人は、プロサッカー選手に対して興味はないかもしれない。


プロの料理人に憧れる人は、プロのデザイナーに対しては興味はないかもしれない。



F1レーサーは宇宙飛行士に興味がないかもしれない。



何を言いたいかというと、人には人それぞれの価値観があり、その価値観を無理に変えたり、違う価値観を押し付けたりする必要はないということ。



僕は週に1.2回近くの炭酸泉風呂に行くけど、裸の男達を見てると単純に体が締まっている人を格好いいと思う。



仮にその中に、仕事が凄い出来る人、または凄い経営者だとしても、体がブヨブヨだったら全然憧れないし、格好いいとも思わない。



それは最近、自分が体を鍛えているから鍛えられた体に憧れるという価値観があるからだと思う。(別に男の体が好きなわけじゃないけど。。)


今の僕だったら100億円企業の経営者になるのと、誰からも憧れる体になるのとどちらかを選べと言われたら、間違いなく締まった体を選ぶだろう。(もちろん両方選べたらもっといいけど。。笑)



これは一つの例だが、人それぞれの価値観で、人生においての何を大事にするのか?という優先順位をつけてもいいと思う。



以前会社を経営してたとき、自分自身の経営者としての夢をスタッフに押し付けていたと今になって反省している。



もちろん、会社の夢、経営者の夢に賛同して共に働くということはとても大切なことだと思う。


しかし、それ以上に個人の夢を叶えるということが大事で、個人の夢の実現のための手段として、会社、仕事があるということが一番理想だと思うようになってきた。


個人の夢の実現が一番大事。


その個人の夢を実現する場所として、新たな夢を持てる場所が会社であり、仕事であるという考え方が一番自然な形だと思うようになってきた。



会社=自分の夢、自分の人生の全てと思ってる経営者はたくさんいるだろう。
(僕もそんなことを語っていた頃があった。。)



でも、実際に自分の命より大切なものなのか?



自分の子供、又は自分の大切な人より大切なものなのか?



逃げずに真剣に考えてみると、会社、仕事が一番なものではないという答えに辿り着く。



そもそも比較することではないかもしれないが、自分の人生において何が大事なのか?と真剣に考えてみるのもたまにはいいと思う。



かなり話しが逸れてしまったが、自分の人生の中で本当に大事にしたいこと、本当に実現したいことを常に考えながら生きていきたいと心の底から思う。



その結果が自分自身の価値観が形成されることになるだろうし、その価値観を信じて生きることが、自分の人生を生きるということに繋がっていくのだと思う。
(利己的にならずに利他的に生きるということも大事なこと。。)


これからも、他人の価値観ではなく、自分自身の価値観を貫いて生きていきたいと思う。



たった一度の自分自身の人生だからね…
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-30 07:33 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ

素敵な言葉

c0212312_8564590.jpg


先日購入したこの本、素敵な言葉だらけでかなり心に響きました。



・人と違ったっていいんだよ。



・恥をかいて人に笑われてもいいんだよ。



・もっと自分に素直に、ありのままに生きていいんだよ。



・全ての人と仲良くできなくたっていいんだよ。



・大好きな人に「大好き」って伝えてもいいんだよ。



・自分の意見を主張してもいいんだよ。



・弱い自分を見せたっていいんだよ。



・嫌ことは断ってもいいんだよ。



・人に助けを求めたっていいんだよ。



・もっと豊かになってもいいんだよ。



・楽しいことを優先したっていいんだよ。



・幸せになってもいいんだよ。



・自分を好きになって、もっと自分を信頼してあげてもいいんだよ。



・生きたいように生きていいんだよ。




こんな言葉を自分に優しく語りかけてあげなさい…ということが書いてありました。



自分を大切に思うということが、とても大事なことだということを教えてくれます。



本のタイトル通り、死を意識することによって今を大切に、一生懸命に、好きなことをして、後悔ない人生を送るということを教えてくれますが、それ以前に自分を大切にしないと幸せな人生など送れないということも教えてくれます。



この本を読んで、死との関わり方、自分との関わり方、自分の人生との関わり方を改めて考え直すことが出来ました。



c0212312_8564681.jpg

表紙の裏に書かれていた言葉。。
この言葉に生きる意味が全て集約されてるかもしれませんね。。





[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-22 08:34 | 想い・考え

言葉よりも行動

言葉は伝える手段として、とても大切なもの。


でも、それ以上に行動は大切。


僕は言葉もしっかりと受け止めるように努力するが、それ以上に行動をみる。


言葉と行動が伴うか?


口だけか?口だけではないか?を冷静に判断する。。


過去に言葉だけで信用して裏切られたり、辛い思いをしたことは沢山ある。


そんな経験から学んだことも沢山ある。


なかには、心から思っていることを言葉として伝えても行動に出ない人もいるが、その場合も冷静に行動をみて判断するようにしている。


いくら気持ちや思いがあり、それを言葉で伝えたとしても、行動が伴わなければ口先だけという判断しかしない。


これは僕自身にも言えること。


いくらもっともらしい言葉を発しても、全く違う行動をしたら信用を失うし、理不尽な人間だと思われる。


何度も言うが、言葉で伝えることは大切なこと。


だけど、言葉だけだと単なる嘘付きになる。


やはり言葉の責任を行動で形にしないとね。。


言葉と行動を割り切って考えることが出来ると「あんなことを言ってくれたのに…」なんていうアホなことを言うこともなくなる。。


正確に言うと、言葉は仮の信用で行動が本当の信用という感じ。


言葉だけで振り回される人は、いつも言葉だけで何とかしようとしている。


言葉は大切、それ以上に行動が大切。


当たり前のことだけどね。。


おやすみなさい。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-20 01:10 | 想い・考え

伝える…

伝えるということは難しい。


あらためて言うことではないけど。


伝えたいと思えば思う程、伝わらなかったりする。。


伝えることの経験値を上げて、慣れればいいのかもしれないけど、慣れた状態で伝えるのも何か違和感があるし…


ただ、伝え続けるしかないんだよね。


自分の気持ちを。


これは仕事とかプライベートとか関係なく。


伝わるか伝わらないかは分からない。


それは受け止める相手の問題だから。


だから伝え続けるしかないんだね。


一生懸命にね。。




我ながら、伝える、伝わる、伝わらない、とかいうテーマのブログ多いな。。


でも…


きっと一生のテーマなんだろうね。。









[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-16 21:42 | 想い・考え
c0212312_21114161.jpg


僕が日本初の認定ファシリテーターの資格を取った「ドリームマネージメント」の内容を書籍化したのがこの「ザ・ドリーム・マネージャー」という本。

本当に素晴らしい本で、僕はこの本を読んだ直後に、絶対このドリームマネージメントを学ぶ!と思ったことを今でも覚えています。

この本を色々な方に読んで頂きましたが、今回は東京、静岡に美容サロンを約20店舗展開するフォルテ鈴木社長より本を読んだ感想をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社フォルテ 代表取締役
鈴木浩一朗様

僕はこの本を手にした後、4回も繰り返し読みました。

この本の中で書かれている「夢の実現が人生を豊かにする」ということは、僕の中でも凄く大切にしていることで、常にスタッフ全員の夢を応援するということを心掛けています。

将来的には社内で「ドリームマネージャー」のような人を育てて、夢を実現出来る会社にしていきたいですね。


※ドリームマネージメント、ザ・ドリーム・マネージャーについて詳しいことを知りたい場合はこのブログ経由でメッセージを下さい。


ドリームマネージメント
認定ファシリテーター
佐々木亮輔
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-09 20:49 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ

ドタキャン

ドタキャンをするということは、相手が空けていた時間を直前に空白のものにすること。


凄く困るし、信頼を失う行為。


もちろん、やむを得ない事情があるときは仕方がない。

大事な人が倒れた、亡くなった時は、最優先しなければいけないし、その他、急に止むを得ない状況になる場合になることもある。


ただ、時々簡単にドタキャンする人がいる。


明日(又は今日)、他の用事が入ったのでリスケして頂けませんか?という軽い感じでのドタキャンがある。。


このようにドタキャンを簡単にする人は何度も繰り返す傾向がある。


他人の時間を軽視しているという証拠だろう。。


僕の主観だが、本当に忙しい人ほどドタキャンはしない。


上場企業の社長、役員などと打合せ、食事などをすることも多いが、ドタキャンをされた記憶がない。


自分自身が多忙なため時間の大切さを理解してるし、約束を守るという人としての基本が出来ているのだろう。


そもそも、ドタキャンする可能性があるなら会う約束はしないというスタンスだと思う。


そうはいっても、止むを得ない事情でドタキャンをする場合がある。


その時の対応によって、その人の誠実さが分かる。


止むを得ない事情なのに、本当に申し訳ないという姿勢が伝わってくると、かえって好感が持てたりする。


ドタキャンは相手の大切な時間を奪うことに繋がるということを理解してるか、してないかということが重要だということ。


その人自身を大切にしてるなら、その人の時間も大事にしなければいけないはずだからね。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-06 00:34 | スパイシー

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31