社員の多くは、自分は会社に利用されていると感じている。


c0212312_184616.jpg




実は会社に利用されていると思って働いている方も多くいるのではないでしょうか??



これは事実の場合もありますし、実際には違う場合もあります。



もしかしたら、意図的に社員を利用している経営者もいるかもしれませんし、利用されていると勘違いをして、それを理由にやる気の出ない社員もいるかもしれません。。



これを追及するということではありません。



仮に、こんなことを追及したとしたら会社内は不信感ばかりでギスギスな雰囲気になりますから。。。??



「ザ・ドリーム・マネージャー」の本の中ではこんなことが書かれています。

c0212312_1921591.jpg





___________________________________________


企業活動においては、ビジネスを動かすのも組織を動かすのも人である。このことは決して忘れてはならない。取引の両側にいるのは人間なのだ。会社が成功するも失敗するも人間次第だ。

そして、人は夢を見る。夢を見る能力こそ、人間を人間たらしめている大きな特徴のひとつである。

社員の夢と会社とは関係がない、と思いたいかもしれない。だが、わざわざお金を払って雇っている社員の原動力が夢であるなら、会社はそれを無視できないはずだ。

労働者の多くは、自分は会社に利用されていると感じている。だが、もしあなたが従業員のことを本気で考えていることが伝われば、彼らの見方は全く違うものになる。

そして、そのプロセスのなかで、今日の企業社会では滅多にお目にかかれないような忠誠心とチームスプリットが生まれてくるだろう。

人の夢を無視するなら、それなりのリスクを覚悟しなくてはならない。子供の夢、配偶者の夢、社員の夢、顧客の夢、国家の夢・・・

そうした夢を無視するのはあなたの自由だが、無視したツケは大きな代償となってあなた自身が支払うことになるだろう。


____________________________________________



最後の2行は強烈なメッセージですね。。


従業員の夢を無視する経営者、会社も良くないですが、それ以上に最近気になるのが...



「社員の夢を実現する」というビジョンを掲げて、経営者、会社の夢を押し付けているケースが多いということです。


このようなケースで多いのが、仕事に関しての目標を社員の夢にするということです。


・会社(店舗)売上○○円‼

・店舗数○○店舗‼

・新事業展開‼


・海外展開‼

・売上目標(会社・個人)○○円‼



これは全て、経営者の夢、又は会社の目標です。


会社の目標数字があるのは当然ですし、それを達成しようと頑張る社員がいるということは素晴らしいことです。


ただ、何度も言いますが、これを個人の夢に置き換えるのはかなり強引ですし、社員側もいずれ気付き「会社のために利用されている」と思いはじめます。



ドリームマネジメントを受講して頂いているある会社の社長は常日頃、こんなことを言っております。



「会社は自分の人生を豊かにするための単なる箱だ」


と…


なぜ仕事をしているのか?


よく考えれば分かることです。



自分の人生を豊かにする、自分の夢を実現することが目的であり、その手段として仕事があるのです。



このことが分からない経営者が本当に多い。。。



実は僕もそうでした。



仕事の成功=人生の成功であり、その考えを持っていれば、全ては上手くいくと信じていました。



その考えのお蔭で、本来大切にしなければいけないものを沢山失ってしまいました。





当然ながら、仕事の成功=人生の成功という考え方で、豊かな人生を送ってる方も沢山いると思います。



仕事の成功はお金の成功に直結するからです。



お金の成功が人生の成功ではない!!


なんていうひがみの様なことを言うつもりはありません。



ここで言いたいことは、経営者という立場の方はごく僅かであり、大多数の人達が経営者以外という立場、価値観で仕事をして、人生を歩んでいるということです。



経営者は社員からすると「スーパースター」的な存在なのかもしれません。



そんな「スーパースター」的な存在に誰でもなれるわけではありませんし、そもそも全員がそこを目指したら組織、チームとして成り立たなくなります。



経営者の視点での夢、人生の目的と、社員各自の視点での夢、目的は全く違うということを理解した上で、社員一人ひとりの夢を実現させることが必要だということです。



夢を持っていない社員が多いと嘆く経営者の方が多いですが、僕がドリームマネジメントを行っている中では夢を持っていない方はほぼゼロに等しいです。



夢を話せるような「心理的安全性」が保たれてないだけだと思います。



こんな夢を言ったらバカにされるのでは...


こんな夢だと自分の評価を落とすのでは...



そんな不安を持っているから夢を語ることが出来ないのです。



先ずは夢を語れる環境、その夢を肯定し、共有できる環境が必要ではないのでしょうか。



会社は社員一人ひとりの自分で語った夢を応援し、実現することに導くことが出来れば、社員一人ひとりの仕事に取り組む意識も変わり、モチベーションも上がってくるはずです。



会社と社員は相反する関係ではなく、夢を通じて共に成長していくものなのです。


c0212312_2012198.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。


■ドリームマネジメント公式サイト
http://welovedream.com/


■佐々木亮輔がドリームマネジメントのファシリテーターになったわけ
http://r-faith.com/dream_management/


■ドリームマネジメントに関して、お気軽にお問合せ下さい
http://r-faith.com/contact.html


[PR]
# by sasaki-ryosuke | 2016-08-10 19:26 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ
ドリームマネジメントを全ての企業に導入するためには??

c0212312_21321034.jpg




企業内にドリームマネジメントのファシリテーターを育成すれば多くの企業に導入することができる!!



そんな想いからこの度、ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度をスタートしました!!





先ずは、4人の方が社内ファシリテーターになるという意志表明をして頂きました。
4人とも、僕のドリームマネジメントのセッションを受講した頂いた方です。


セッションを通じて、ドリームマネジメントの良さを知って頂いたのでしょう。。
とても嬉しいことです。




まず、社内ファシリテーター第1号の小池さん(株式会社小池設備社長)が自社の社員の方々に対して、ドリームマネジメントのセッション1を行いました。


c0212312_13562839.jpg




社長がファシリテーターだとやりづらい面があるのではないか?
正直言うと、多少の不安はありました。



が...



実際にセッションが始まると、社員の方々は自分の夢を自由に語り合い、社長である小池さんもその夢を応援しています。


ドリームマネジメントの理想とする「環境」がそこにはありました。



夢を語り合う場は「心理的安全性」が保たれていなければいけません。



有名な話しですが、Googleが「生産性を高めるチームとは?」というテーマで徹底的に調査をした結果、出てきた答えが「心理的安全性が保たれるチーム」が生産性が高いということでした。



c0212312_14555059.jpg




■Googleの関連記事
グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ


■まとめ記事
http://matome.naver.jp/odai/2145805949978990401




ドリームマネジメントでは独自のプログラムによって、受講者が自分の夢を出しやすく、語りやすい環境をつくります。



夢を語る他にも、お金、性格、身体、人間関係、知性、精神、仕事、人格など、様々な分野から自分自身を見つめなおし、セッションを通じて自己開示を行います。



単に夢を語るだけではなく、その土台となっている部分を見つめなおし、現状、理想の状態、理想に近づくために習慣化すべきことを考え、受講者同士で共有していきます。




セッションを通じて、自分の夢、現状、及び他人の夢、現状を把握することが出来るのです。



でも、よく考えてみて下さい。。



通常だったら、自分の夢はもちろんですが、お金、身体、人間関係などの状態を語り合う機会など、なかなかないですよね?



そもそも、そんなことを語り合うこと自体に抵抗があるかと思います。



そんなことを語り合える場がドリームマネジメントです。



c0212312_14573741.jpg


セッション中はまさに「心理的安全性」が保たれている状態です。






小池設備さんでも、ドリームマネジメントを通じて「心理的安全性」が保たれて、社員の方々は自由に楽しそうに夢を語っていました(*^^)v



小池さんは、社員ひとりひとりの夢を実現できる会社にしたいと常日頃言っております。



会社又は経営者が、社員に自分の夢、目標を押し付けるのではなく、社員自身が自分の夢を持ち、その夢の実現を応援する会社にしたいということです。



自分の夢を実現する手段として仕事を一生懸命頑張る...


これが本来の自発的に仕事をするということではないでしょうか?



仕事に対してのモチベーションが低い人のほとんどが、自分の人生に夢がないと思いませんか?


どんなに些細な夢でもいいのです。


一つでも夢を持つことによって、働き方も変わってきます。



小池さんを始め、他の社内ファシリテーターを希望された方々も、同じような考えでドリームマネジメントの社内ファシリテーターにチャレンジして頂いております。



ドリームマネジメントはアメリカで生まれ、既にプログラム化されたものです。


なので、社内への導入もスムーズに行くと思います。


将来的には全ての企業のミーティングとして、ドリームマネジメントを導入したいですね。


意味のない、長々したミーティングをするくらいなら、ドリームマネジメントの時間にあてた方が何千倍も有効的だと思いますよ。。



ドリームマネジメントにご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいね(*^^)v



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。


■ドリームマネジメント公式サイト
http://welovedream.com/


■佐々木亮輔がドリームマネジメントのファシリテーターになったわけ
http://r-faith.com/dream_management/


■ドリームマネジメントに関して、お気軽にお問合せ下さい
http://r-faith.com/contact.html


[PR]
# by sasaki-ryosuke | 2016-08-06 20:36 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ
美容業界の虎と言えば、ビューティガレージ野村社長です。


ご存知の方も多いかと思いますが、この度、ビューティガレージ社が東証一部上場を果たしました。


改めて、おめでとうございます!!


c0212312_18143619.jpg

※少し便乗系のような気がしますが、過去に撮った野村さんとの2ショット写真



■「美容業界の虎」ブログPart1はこちら
http://sryosuke.exblog.jp/13736068/




野村さんからは本当にたくさんのことを教えて頂きましたし、たくさん可愛がって頂きました。



そして..



たくさんの叱咤激励を頂きました。(圧倒的に叱咤が多かったですが、、、汗)





野村さんは、僕にとって、経営者として物凄く尊敬している方で、人間的にも大好きな方です。




余談ですが、野村さんにそのことを伝えたら



「オレは佐々木さんのことは経営者として全然尊敬できないけど、人間的には大好きだよ。」



とキレイに返されましたが。。。汗 




僕は2009年11月~2014年4月までビューティガレージグループの一員でした。
(ここでもチョット便乗系。。汗)



2009年11月に僕が会社を設立した際には、連結対象にならない19%の出資をして頂き、野村さんに社外取締役になって頂きました。



野村さんにとって初めての社外取締役が僕の会社でした。



2011年からは増資&株式交換で完全子会社化して、ビューティガレージの子会社の代表として、経営を任して頂きました。(最終的には5000万円近くも出資して頂きました)



結果的には、2013年4月に会社は吸収合併され、野村さん、ビューティガレージ社には多大なる御迷惑を掛けてしまい、期待に応えることは出来ませんでした。。



その時のことは、いまだに僕の中では辛く、苦しかった経験として、心の中に残ってます。。



そして、期待してくれた野村さん、ビューティガレージ社に対してもずっと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。




本来ならば、そんな僕が、「おめでとうございます!」



なんて言える立場ではないかもしれませんが、それでも、おめでとうございます!と言いたいです。

c0212312_17395836.jpg

〝己の信ずる道を歩んでください!誰もいなくなっても、私は応援します!”




2009年に起業する前に野村さんから手帳に書いてもらったメッセージです。



少し、照れ屋の野村さんはこんなメッセージを書いたのを忘れたよ!と言うと思いますが、絶対に覚えてるはずです。



そして、野村さんはこのメッセージをずっと守ってくれました…




ビューティガレージ社の子会社の代表として経営を任され、多額の出資して頂いたにも関わらず、事業を軌道に乗せることが出来ず、赤字会社から脱することが出来ない僕に対して、野村さんから厳しいことを沢山言われました。(当然のことです。)



毎月の役員会でも相当叩かれました。


毎月役員会の日が近づくと、毎回逃げ出したい気持ちになり、時には吐きそうになりました。


毎月のBS/PLを見て、その内容を報告することを考えると、本当に憂鬱な気分になりました。



事業が軌道に乗っていれば役員会も気分良く迎えることが出来るのですが、何せ赤字会社でしたので、、




さらに、その時期はビューティガレージ社がマザーズに上場する直前だったので、そんな時期に足を引っ張ることに対して、僕自身も本当に責任を感じていました。


自分のことを重罪人とさえ思うようになりました。。



上場した後も会社を軌道に乗せることが出来ずにいると、当然ながら多くの株主を抱える上場企業なので責任問題にも発展していきます。




そんな時、野村さんは僕にこんなことを言ってくれました。




「オレは本音を言うと、佐々木さんのやっている事業なんてどうでもいいんだ。オレは佐々木亮輔という人間に投資したんだ。」




すごく嬉しかったです。泣けてきました。。
(この言葉も覚えてないって言うんだろうな、、、笑)



それと同時に、野村さんの期待に応えられない自分が本当に情けなかった。。


結局、最後まで野村さんの期待には応えられませんでした。。




最終的には僕が代表を務めた会社は吸収合併され、やはりそこでも責任問題に発展していきました。(これも上場企業でしたら当然のことです。。)



今度こそは自分が責任を取らないといけないと思い、野村さんに辞任の意向を伝えましたが、その時も...



「辞めるのが責任ではない、本当に責任を感じているなら、1年間、ビューティガレージの社員として事業を継続して軌道に乗せて欲しい」



と野村さんから言われ、1年間、ビューティガレージ社の事業責任者として事業を任されましたが、そこでも結果を出すことは出来ず、会社を去ることを決意しました。




僕は何度、野村さんの期待を裏切ってきたのだろう...


期待に応えられない無力さを痛感し、しばらく自信を持つことが出来ず苦しみました。


あんなに期待してくれて、いつも応援してくれたのに、期待に応えることが出来なかった。


本当に自分が情けなくなりました。。





〝己の信ずる道を歩んでください!誰もいなくなっても、私は応援します!”



野村さんは最後までこの言葉を守ってくれました。


でも、その言葉を僕に伝えたために、ずっと僕を見捨てることが出来ないんだろうな、、、


次第にそんなことも考えるようになりました。


野村さんにとって、僕は負荷になっていると思い始めるようになりました。。

c0212312_17184292.jpg

この2ショットは、僕がビューティガレージ社に最後に出社した日の写真です。




野村さんと別れた後、電車の席に座り、改めて写真の中の野村さんの笑顔を見たら、涙が止まりませんでした。


野村さんへの感謝の気持ち、申し訳ない気持ちが全部出てきました。


恥ずかしい話しですが、1時間以上電車の中で泣いてました。


その写真を見ているだけで、涙が止まりませんでした。




今考えると、男同士肩を組み合っている2ショット写真を見て、泣いている僕の姿を周りの人達はどう思ったのでしょうか。。。汗


もしかしたらそっち系の人なのかなと思われたのかも。。。汗





今回のビューティガレージ社の1部上場を祝福すると共に、野村さんとの出会いも振り返らせて頂きました。



おめでたい話しなのに、僕の辛い、苦しい過去の話しばかり出して、申し訳ないです。。。



ただ、そんな辛い苦しい日々でしたが、あの時、学んだことは沢山ありました。


沢山の人に対して感謝の気持ちを持つことも出来ました。


人間不信になっていたのが、いつの間にか治っていましたし...




野村さんには、あれだけ迷惑を掛けたにも関わらず、いまだに快く(嫌々かな、、汗)僕に会ってくれますし、いまだに僕のことを応援してくれます。


本当に有難いです。


2005年に初めて会った時のあの怖い野村さんとこんな関係になるとは思いませんでした。


■「美容業界の虎」野村さんとの初めて出会った時のブログがコチラ
http://sryosuke.exblog.jp/13736068/




野村さんに対しては、感謝の気持ちも沢山ありますが、心のどこかで、ずっと申し訳ない気持ちでいたのも事実です。



でも、これからは申し訳ないという気持ちは一切持たずに、感謝の気持ちだけを持ち続け、できる限りの恩返しをしていきたいと思います。



一部上場企業の社長となった野村さんは、「美容業界の虎」より「美容業界の獅子」のがふさわしいかもしれません。



でも、間違っても「猫」みたいになったとは言ってはいけません。。



その時は、確実に虎の目で睨まれますよ。。。


■僕が野村さんに睨まれた時のブログはこちらhttp://sryosuke.exblog.jp/13736068/



ビューティガレージの皆さん、この度は本当におめでとうございます!


僕もビューティガレージの一員だったということに対して、あらためて誇りを持ち、その名に恥じないよう頑張っていきたいと思います。


そして、自分の夢を実現するために、常に最高の自分を目指します‼
[PR]
# by sasaki-ryosuke | 2016-07-31 19:13 | お世話になっている方

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31