人気ブログランキング | 話題のタグを見る

旧友

昨日は前職で一緒に働いていた
2人のS君と飲みました。
(僕も佐々木なので3人のSですね)

それも以前働いていた八丁堀で。

会社を辞めた後も2人とは定期的に会ってはいますが、
3人で飲むのは初めてです。


以前は会社で一緒だった3人も、
今はそれぞれ別々の会社です。

懐かしさを感じると共に寂しさを感じてしまいます。

一緒に働いていた頃、
モヒカン頭のS君に対しては、
ほぼ毎日怒っていました。

机の上を片付けろ!とか、
挨拶、返事をしろ!とか
細かいことばかり言っていました。

モヒカン君はよく故意的に
しょうもないことを言うことも多々ありました。

『やる気ないですね』

『面倒くさいです』

『どうでもいいです』

『僕には関係ありません』

これらの言葉を発した時は迷わず激怒です。

でも、今考えるとモヒカン君は
僕に構って欲しかったのだなと思います。

事実、僕に怒られなくなると
元気がなくなってしまうのです。

モヒカン君は営業マンとしてはとても優秀でしたが、
仕事以外では突っ込みどころ満載です。

今だから言えますが、
組織として少したるんで来たなと思ったときは、
突っ込みどころ満載のモヒカン君を
敢えてきつく怒るようなことも多々ありました。。。

ごめんなさい。。

そしてもう1人のS君(ぎっくり腰君)は
腰が弱く年に2、3回はぎっくり腰になっていたような気がします。

モヒカン君とは対照的でぎっくり腰君は、
存在感を消すのが得意です。

1日に発する言葉も極端に少ないです。
恐らく常人の十分の一程度でしょう。
(営業マンなのに・・)

特に帰り際なんかは、
隣の席にいるのに、ふと横を向いて

『タケシ(ぎっくり腰君)あのさ〜』

と話しかけようとするといないのです。

今さっきまで隣で仕事をしていたのにいないのです。
いつの間にか帰っているのです。

まるで忍者のようでした。

こんなぎっくり腰君ですが、仕事の安定感は抜群ですし、
自然に周りに人が寄ってくるような信頼感があります。

しかし、よくモヒカン君の余波を受けてもいました。

僕がモヒカン君を徹底的に怒った後に
その勢いで、ぎっくり腰君にもいってしまうことも
多々ありました。。

モヒカン君に対して

『オメエふざけるなよ!バカ!』

みたいな感じで怒った後で
ぎっくり腰君に接すると
そのままの勢いでいってしまいます。

『タケシちゃんとやれ!バカ!』・・・

ぎっくり腰(タケシ君)は
ある意味被害者だったかもしれませんね。

だから身の危険を感じて
気配を消す技を覚えたかも。

タケシ君ごめんなさい。


そんな2人との関係でしたが、
今でも信頼関係で結ばれていると思ってます。

僕は彼等を信頼してますし、
一緒に仕事が出来たことを誇りに思ってます。

僕は何度も彼等に助けられています。

普段は何を考えてるか分からない彼等ですが、
いざという時は色々な面で支えてくれました。

これは僕にだけでなく、
他の人に対してもそうです。

彼等は本当にいい奴です。

不器用で決して人に媚びるようなことはしないし、
良くも悪くもどんな時でも自分のスタンスを崩さない。
(昨日も全く僕に対して気を遣わないし・・)

そんな彼等と今は離ればなれになってしまい、
もう一生一緒に働くことはないかもしれないけど、
ずっとこんな関係でいれたら嬉しいですね。

また飲みに行こうな。
鈴木君、篠田君
by sasaki-ryosuke | 2009-12-12 12:00 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31