集中力不足

集中力がない人が成果をあげることは、
なかなか難しい。

すぐに気が散るから時間だけが過ぎていき、
結局、何も進んでいないという場合が多い。

さらに、このような人は周りにも悪影響を及ぼす。
集中している人の邪魔をする。

企業において、集中力がない人はマイナスな存在だ。

自分の仕事に集中出来ないから、
周りにちょっかいを出したり、
余計なことを話し掛けたりする。

それも仕事とは全く関係ないことを・・

はっきり言って、
一生懸命に仕事をしている人からすれば大迷惑だ。
気が散って仕方がない。

このような集中力がない人を野放しにしておくと、
会社全体も『たるんだ』空気になってしまう。

一度、そのような空気が生まれると、
なかなか消すことが出来ない。

酷くなると、
それが社風になってしまう場合もある。

集中力がない人が、
いきなり集中力がつくということはあり得ない。

一番良い方法は、1時間でも2時間でも良いから、
黙って仕事をしてもらうということ。

他の人も巻き込んで、会社全体をだらけさせるよりマシだし、
それに黙って机に座っていれば、
嫌でも仕事をするだろうという考え方だ。

あとは、このような集中力のない人に対し、
徹底的に厳しく接していくしかないと思う。

絶対に許さないという厳しい姿勢だ。

各自が集中力を持つということと、
組織として集中するという空気を作り出すということが
大切だということを自分の中でも再認識したいと思う。

そうではないと、何をやっても、
成果を出すことが出来ない組織になってしまう。

このような場合、組織として機能もしないし、
仕事の効率も悪くなる一方だ

そもそも、会社は仕事をする場所だからね。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-01-30 01:50 | スパイシー

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31