間違ったコミュニティーサイトの使い方

新宿南口の無差別殺人予告・・・

中学三年生の“いたずら”というホッとしたような
人騒がせだと怒りを感じるような
何とも言えない、後味の悪い幕切れとなりましたね。。。

今回の騒動は2ちゃんねるの書き込みから始まったわけですが、
改めて、コミュニティーサイトの威力を見せつけられたような感じがします。

自分自身も、インターネット業界に10年以上携わっていますが、
10年前と言えば、先ずはドメインを取って、ホームページを立ち上げて、
基本的な情報を“取り敢えず公開する”という企業が多かったのではないかと思います。

当時は、レンタルサーバー、ホームページ制作の営業マン達が
『全世界に情報を発信しましょう!!』というような営業トークを頻繁に使っていましたが、
事実として、全世界に情報を発信することは可能であっても、
それを具現化した人達は、ほんの一握りだったような気がします。

それが今ではどうでしょうか?

1人の発言が、一瞬のうちに広まっていき、
今回のような騒動にまで発展してしまいます。

とても怖い世の中です。。。
(当然、プラスの要素もたくさんありますが・・・)

今回の騒動は極端な例ですが、
ミクシー、ツイッター、ブログ、フェイスブックなどの
コミュニティーサイトが当然のように使われるようになってきた今、
コミュニティーサイト内での“振る舞い”にも
気を付ける必要があると思うのです。

平気で他人を傷つけることを言ったり、
仕事関係で付き合いのある企業、人達を非難したりなど、
マナーを守れない人達もたくさん見掛けます。

決して、ネットの世界だけで完結する訳ではありません。
ネットの世界とリアルな世界は繋がっているのです。

“現実の世界で、こんなことを言ったらどうなるのだろうか?”

常に、現実の世界と繋がっているということを
忘れてはいけないと思うのです。

ネットの世界も、人と人との繋がりで成り立っているということを
自覚する必要がありますね。
(当然、自分自身もです。)

ネット社会でのモラル向上が、現実の社会でのモラル向上に繋がっていく・・・

そんな流れにしていきたいですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-02-12 14:02 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31