キャパ

よく仕事の中で使われる『キャパ』
(キャバではありません。。)

『オレ、キャパいっぱいだよ!』

なんて叫んでいる人をよく見かけます。

その『キャパ』は誰が決めるのでしょうか?

それは自分自身です。


自分自身で限界を決めてしまっているのです。

キャパを決めるということは、
自分自身の可能性を小さくしているとも
言えるでしょう。

とても残念なことです。

僕自身、起業してから、
キャパが大きく広がったと断言出来ます。

単に何でも自分でやらなければ
いけない状況になったも言えますが
恐らく仕事の処理能力も高くなったと思いますし
決断と行動もより早くなったと思うのです。

仕事のキャパ、又は範囲を決めていたら
出来ないことばかりになっていたでしょう。

オヤジである僕が、
これだけキャパを広げることが出来るなら
若い人達はもっとキャパ(可能性)を
広げることが出来ると思うのです。

今、僕が出来ることは、
可能性を広げるような機会を与えるということ。

弊社システム担当のI君やデザイナーのOちゃんにも
たくさんの機会を与えています。

しかし、それをどう生かすかは本人次第です。

当然、会社としては成果を求めますが、
機会を与えることも会社の役目だと思うのです。

キャパを決めずに様々なことにチャレンジする人は
大きく成長していきます。
逆に、キャパを決めてしまったら
そこで成長が止まってしまうのです。

言葉で伝えたいことは、
まだまだたくさんありますが、
本人が成長出来るような機会を与え
そして、その成果に対して正当な評価をし
達成感を与えてあげる・・・

それを繰り返していくしかありません。

もちろん、相手の可能性を信じて・・・
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-05-03 00:00 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31