インスタント&使い捨て

人と人との関係は、インスタントでもないし、
使い捨てでもありません。
仮に短時間で人間関係が築けたとしても、
その短時間の中に、魂が込められたり
そこに至るまでに人間力を高める努力があったはずです。

表面だけの人間関係なら
簡単に築けるかもしれませんが
そのような関係だとすぐに壊れてしまいます。

しかし、表面的な人間関係に慣れている人は、
インスタント&使い捨てのような
人間関係を繰り返します。

僕には表面的な付き合いをする人達の本性を
事前に見抜く力などありません。

付き合っているときは当然のごとく、
表面だけの付き合いだとは思いません。

だから表面的だと気付いた時、
怒りと悲しみが込み上げてきます。

そして、長い間引きずってしまう時もあります。


しかし、振り返ってみると
自分のその時の状況によって、
怒りや悲しみの度合いが違うのに気付きます。

自分が辛いとき、苦しいとき程、
表面的な扱いに怒りや悲しみを感じるのです。

そう考えると全て自分の問題です。


確かに、辛いとき、悲しいとき程、
他人に頼りたくなるものです。

しかし、そこで他人に軽く扱われたり、
裏切られたりしても、
それは自分で解決することであり、
他人のせいにしても何の解決にもならないのです。

そんな偉そうなことを言っている僕ですが、
いまだに思い出すだけでも腹が立つ人もいますし、
その人達が犬の糞やガムでも踏んで
指を差してざまーみろ!と叫びたいなぁ〜
なんて思うときもあります。
(すみません、人間が小さくて・・)


それでも、だいぶ考え方が変わってきました。
(変わってきたような気がします。。)

表面的な付き合いや、裏切られた時、
悲しい気持ちにはなるけど、

『仕方ねえなぁ・・』

と思えるようになってきたのです。
(犬の糞やガムを踏んで欲しいのは変わりませんが・・)


本当に仕方のないことなのです。


他人の心は他人の中にあるのですから・・・



それでも、僕は絶対にインスタント&使い捨てのような
付き合いはしたくはありません。

他人が辛いとき、悲しいときは、
力になってあげられる人間でいたいと思うし
常に人の痛みを分かる人間でいたいと思うのです。


他人には求めず、与えるばかりの人間・・・

ある意味、損ばかりしている人間・・・


それが僕の理想の人物像です。


その理想の人物像に近づけるよう
日々、人間力を高めなければいけません。


他人に評価してもらうためではなく、
自分自身のために・・・
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-05-18 17:44 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31