100K徒歩大会

先週の土日は100K徒歩大会に参加しました。


昨年に続き二回目の参加です。


参加前は、あまり乗り気ではなかったけど、
参加するからには完歩しなければいけない・・


そう決意して挑みました。


しかし、結果は75K地点でリタイア。


惨敗です。


情けない結果です。。



昨年よりも25K以上距離が伸びた。



天候が最悪な条件だった。


完歩者が半数にも満たなかった。



そんなことを心の片隅で思ってる自分がいることに
さらに情けない気持ちになりました。


自分の気持ちは他人には隠すことは出来ても
自分には隠すことは出来ません。


惨敗・・・
恥じるべき結果だと言いながらも
一方で、良くやった、仕方ない、
なんて思ってる自分がいる・・


これこそ恥じるべきことです。



本当に情けないし、格好悪い・・・



かと言って、リタイア直後は、
来年は参加するつもりなど全くなかったし、
もう二度と歩かないと決めていた自分がいました。


情けないのは分かっていても
こんなにしんどいことは絶対にやらないと
一時は決めたのです。


しかし、大変お世話になってるNさん(完歩経験者)が
熱い想いを持って僕に再度挑戦するべきだと
提言してくれたです。


Nさんの言葉で目が覚めました。


もう少しで僕は負け犬のレッテルを貼ったまま
生きていかなければいけないところでした。


何度も言いますが、
僕は今回の100K徒歩大会には嫌々参加はしましたが、スタート直後は100Kを必ず完歩するという
決意を持って歩いていたのです。


そんな決意がありながら途中でリタイアした挙げ句
昨年より記録が伸びたからいいやとか、
こんな大雨の中だから仕方ないやとか、
半分以上はリタイアしたのだから仕方ないやとか、
メチャメチャ情けないことを
心の中で思っていたのです。


言葉では惨敗とか、恥じとか発しながら
心の中ではこんな情けない考えを持っていたのです。

自分を偽り演じることは簡単なことです。

まして、こんなクレイジー?な大会に出るだけで、
他人は大目に見てくれるものです。
(あまり出たいと思う人がいないからです)


だけど、そんな考えでは、
この先の様々な困難に打ち克つことなど出来ません。


だから来年は必ず完歩します。


そして自分としてのケジメをつけたいと思います。



たかが100K徒歩大会、
されど100K徒歩大会ですね。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-10-21 00:03 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31