人気ブログランキング | 話題のタグを見る

言ったもの勝ちの組織

仕事上の相談をすることはとても良いことだし、
自分だけで解決出来ない問題、悩みなどを相談することによって、
良い方向に話が進んだりすることも多々ある。

また、問題や悩みを打ち明けられた仲間達が、
何とかして助けたいという気持ちになり、
仲間意識や助け合いの意識が高まるという効果も出てくる。


しかし、注意しなければいけないのは、
相談のように見せ掛けて自分の都合の良い
状況にしようとする人がいるということ。

このような人は会社のため、
他人のためという大義名分を持ち掛けて、
結局は自分の利益しか考えていない。


しかし、たくみな言い回しで、
いかにも自分が正しいということを主張し、
そして自分が気に入らない『誰か』のことを非難する。


そんな相談を受けた人(特に会社の上司)が、
状況、事実も把握しないまま、相談した人の
意見だけを信じてしまうということが多々ある。


確かに人を信じることは大切なことだが、
他人を非難することを容認するということは別のこと。


仮に、非難された人が何にも悪くない場合は
冤罪と同じで、それこそ信頼を失う。



ただ、アホなリーダーは
相談した人の言い分だけを信じて判断をする。


そして、そんなアホなリーダーには
他人を非難するような相談が殺到する。


さらに、そのアホなリーダーは
自分にはたくさんの相談があり
信頼されてると大きな勘違いをする。


ひどくなると、その相談されたことを
自慢気に話したりする。。
(こうなると末期状態)


信頼されてるわけでも、頼りにされているわけでもなく、
単に利用されているだけなのに。。。


そんな偉そうにアホだと言ってる僕も、
実はその昔アホな奴だった。。。
(今もアホですが・・・苦笑)


自分を正当化し、他人を非難する人達の相談を
事実の確認もせず真に受けていた時があった。


片方の言い分だけを聞いて
良し悪しの判断をしていたということだ。


もちろん、全ての相談が自分の利益のためだけではなかったが、
今思えば冤罪に近いような判断もあったと反省をしている。


誰のため、何のために相談してくるのか?
ということを一定の距離を置いて
冷静に判断することが大事だと思う。


大切なスタッフ個人個人の悩みを
一緒に解決してあげることはとても大切なこと。


しかし、自分を守るために他人を非難したり、
陥れ入れようとすることには毅然とした態度で拒絶する必要がある。


拒絶した上で、正しい解決方法を教えてあげないと、
『自分を守る=他人を責める』ということが習慣になってしまう。


あと、忘れてはいけないのは、何も不満も言わず
黙々と頑張っている人達がたくさんいるということ。


本来ならば、この人達のケアを
してあげなければいけない。


いざという時に力になってくれるのは
意外にこのような人達だったりする。


自分の利益のことしか考えない人達に振り回され、
リーダーとして仕事をしていると勘違いし、
本当に頑張っている人達をケアすることが出来ない。。。


こんな組織では誰もやる気になんてならないし、
常にギクシャクした雰囲気になると思う。


言ったもん勝ちの組織になるかならないかは、
全てリーダーにかかってくる。
by sasaki-ryosuke | 2013-01-25 08:09 | スパイシー

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30