主張、反論


自己主張するということは大事です。


自分の意志を多くの人に伝えることになりますから。。


でも、自己主張しても何の行動も起こさない、
結果も残さないとなると、単なる口先だけの人と見られてしまいます。


他人に対して反論をする時も同様です。


他人の意見に反論するだけして、自分では何もしないのでは、単なる『ややこしい人』になってしまいます。


自己主張、反論することを否定しているわけではありません。


自分の言葉には責任を持って行動し、形にすることが大事だということです。


会議でも単に他人の意見を否定するだけの人もいますが、
他人の意見を否定することによって自分の存在価値が高まると勘違いしているのかもしれません。



『それは違うのでないでしょうか?』


という反論だけでは話しになりません。


『自分だったらこう考え、このようなことをします。』


という意見まで出さないと、少なくともビジネスシーンでは通用しないですし、意見として受け入れてはくれません。


もっと言うと、反論、主張だけの人は、組織の和を乱すだけではなく、会議で無駄な時間を費やす原因になるのです。


主張、反論をするということは自分に対しても大きな責任が伴うということを忘れないことが大事ですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2013-05-21 09:53 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31