捨てる神あれば拾う神あり

7月から「サロンマイル」で有名なイデアシステムさんの事務所を間借りさせて頂いております。


あの郡谷社長がいる会社さんです。

c0212312_23193856.jpg

c0212312_23193951.jpg

【いつもダンディーな郡谷さん】

※写真がこれしかなくてすみません。。


郡谷さんだけでなく、イデアシステムさんのスタッフは人間的に良い方ばかりです。


以前、在籍したビューティガレージ社もそうですが、人を嵌めようとか、裏切るとかするような匂いを出している人が全くいないのです。。(それが当たり前なのかもしれませんが…)


通常は本当にズルイ奴が1人か2人はいるものですが。。



その手のプロは本当にズル賢いです。



自分の失敗は全て他人の責任して、他人の成功は全て自分のものにします(それも凄く巧妙に)



社内では巧妙に権力者を味方につけ素晴らしいポジショニングで仕事をします。



さらに「素晴らしい」のが、それが完全犯罪だということです。裏切られた、嵌められたということは当事者以外には分からないように進めていくのです。



表面的には、いい人、人格者を振る舞い、ほとんどの人がその振る舞いに騙されてしまうのです。



僕はそんなズルイ奴のせいで、一時体調を崩し、体中に蕁麻疹が出来たこともありました。(その会社を辞めたら一週間で蕁麻疹は治りましたが…)



その当時は、そのズルイ奴を責め、自分を慰めていましたが、時間が経つと自分が馬鹿だった、そんな奴に対して何の免疫もリスクヘッジもしない、信じる者は救われるを全面に出していた能天気野郎なんだと反省するようになりました。



改めてビジネスの社会は食うか食われるかの世界なんだということを痛感し、ずる賢い奴はどこにでも必ずいるから常に警戒しなければいけないと思うようになりました。



以前の僕は呆れる程に何の疑いも持たない能天気野郎でした。


そのために自分が中心になって設立に関わった会社を辞めざるを得なくなり、さらにその後、出資を約束してくれた会社から起業する直前に出資を断られたりして、人間不信になると同時に自分の甘さを嫌というほど痛感したことを覚えてます。



その時は…


「絶対に簡単に人を信用しない!」


「絶対に騙されない、嵌められない!」


「絶対に裏切った奴は許さない!」


と誓ったものですが、悪いことばかりではないのですね。。



こんな能天気ですぐに人を信じる平和ボケ野郎な僕を助けてくれる人達がいるのですから…



その内の1人が郡谷さんです。


郡谷さんは、僕が精神的に悩み、蕁麻疹を患った時も悩みを聞いてくれたり、励ましてくれました。


さらに出資予定者に断られ事務所のあてもなくなった時にも『うちの事務所を使えばいいですよ!』と快く事務所を間借りさせて頂きました。(出資予定者の方も気を遣って事務所を使っていいと言って頂きましたが、さすがに断らせて頂きました)


もう1人の恩人BG社のN社長には出資をして頂き、さらに仕事も頂いたりなど、結果時には失ったものより得たものの方が大きかったような気がします。
(出資を断られた方からも多くの仕事を頂き心から感謝しております。)



起業する直前に在籍してた会社のずる賢い奴のことも次第に忘れていき、自ら好んで選択した道ではないけど結果的に良かったと思えるようになりました。


もし、当時の会社に在籍し起業しなかったら、または起業したとしても、破談となった方から出資を受けて会社を立上げたとしたら、郡谷さん、Nさんとも今のような関係になれなかったと思うのです。



起業後は決して楽しいことばかりではなかったですが、経営者としては本当に多くのことを学ぶことが出来ました。



そして、起業する前よりもお客様と深く付き合うことが出来ました。



結果的にはズルイ奴に簡単に嵌められる能天気野郎で良かったこともたくさんあったということです。



しかし、そんな経験をしたからこそ人を慎重に見るようになったのも事実です。



やはり会社の代表者が簡単にだまされたらダメだと…



一時は周りの人達から人間不信だと言われる程、人を疑っていました。



そんな起業した直後の人間不信的な僕のフィルターを通じても、事務所を共にしたイデアシステムさん、ビューティガレージさんのスタッフの方々は本当にいい人ばかりだったと思います。(少しズルイ人はいるかもしれませんが、僕が知ってるズルイ奴の1/10にも満たないです)



同じ空間に居てもホッと出来るのです。



ホッと出来る平和な環境が良いのか、戦国時代さながらの下克上が頻繁に行われる緊張感のある環境のどちらが良いのか、どちらが結果が出るのかは分かりませんが、多くの人達が幸せになれる環境をつくるべきだと思います。


まっ、勝てば官軍ではないですが、勝たないと何も証明出来ないですけどね。


ただ一つ言えることは、自分の実力をつけるよりも、人を裏切ったり、嵌めたりすることばかり考えている人が中心となる環境、組織からは、同様の人達をさらに生み出し、ギクシャクした環境になることは間違いないといということです。



他人の足を引っ掛けることを考えるなら、多くの人達を幸せにするために、自分自身を磨き上げることに一生懸に生きることが大切だと思います。

「捨てる神あれば拾う神あり」という諺がありますが、愚直に生きていれば誰かが見てるということですね。。


捨てられることも拾われることも目的としてはいませんが、常に真っ直ぐに道を歩くということが大事なのではないかと思います。


例え不器用だとしても…



[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-07-14 20:06 | お世話になっている方

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31