ドタキャン

ドタキャンをするということは、相手が空けていた時間を直前に空白のものにすること。


凄く困るし、信頼を失う行為。


もちろん、やむを得ない事情があるときは仕方がない。

大事な人が倒れた、亡くなった時は、最優先しなければいけないし、その他、急に止むを得ない状況になる場合になることもある。


ただ、時々簡単にドタキャンする人がいる。


明日(又は今日)、他の用事が入ったのでリスケして頂けませんか?という軽い感じでのドタキャンがある。。


このようにドタキャンを簡単にする人は何度も繰り返す傾向がある。


他人の時間を軽視しているという証拠だろう。。


僕の主観だが、本当に忙しい人ほどドタキャンはしない。


上場企業の社長、役員などと打合せ、食事などをすることも多いが、ドタキャンをされた記憶がない。


自分自身が多忙なため時間の大切さを理解してるし、約束を守るという人としての基本が出来ているのだろう。


そもそも、ドタキャンする可能性があるなら会う約束はしないというスタンスだと思う。


そうはいっても、止むを得ない事情でドタキャンをする場合がある。


その時の対応によって、その人の誠実さが分かる。


止むを得ない事情なのに、本当に申し訳ないという姿勢が伝わってくると、かえって好感が持てたりする。


ドタキャンは相手の大切な時間を奪うことに繋がるということを理解してるか、してないかということが重要だということ。


その人自身を大切にしてるなら、その人の時間も大事にしなければいけないはずだからね。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2014-09-06 00:34 | スパイシー

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31