<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

二人の社長②

野村さんと共にお会いした社長二人目は
僕の上司でもあったT社長です。


御本人の許可を取ってないので
ここではTさんと呼ばさせて頂きます。


7年前、僕はTさんから誘われて
ビューティーナビに入っています。


Tさんがいなければ
ビューティーナビの佐々木は
存在しなかったのです。


素直に、感謝、感謝です。


入社当初、
僕はTさんと衝突ばかりしていました。


僕に期待して誘ったTさんからすれば
やりきれなかったことでしょう。


当時の僕は全くと言っていいほど
人間が出来ていませんでした。
(今も出来てるとは言えないかもしれませんが・・)

これはTさん以外に対してもそうです。


視野も狭く、
感謝の気持ちを表現することも
出来なかったような気がします。


Tさんと心が通じ合ってきたと思えた頃
Tさんは会社を辞めて
競合サイトを立ち上げました。


その時期にビューティーナビの責任者となった僕は、
いきなりTさんとライバル関係に
なってしまったのです。


ライバル関係となって
4年程経過したある日、
Tさんと久しぶりの再会を果たしました。


Tさんと向き合って話した時に
Tさんの苦悩を初めて知りました。


人にはそれぞれに信念があり、
その信念を貫くための苦悩があるかと思います。


お互いの信念を貫き通した結果、
分かち合えない場合も出てくるかもしれません。


しかし、
それが利己的なものでなく利他的なものであれば、
お互いの信念を貫き
我が道を歩むべきだと思います。


Tさんとは、
最近、過去の話しを懐かしく
語り合えるようになりました。


その時の想いを語り合うことによって
理解し合うことが出来たのだと思います。


語り合うこともせずに、
人を判断するということは
とても、
もったいないことだと思います。



そんな大事なことを思い出させてくれたTさんに


感謝、感謝です!
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-11 17:27 | ビューティーナビ

二人の社長①

昨夜は二人の社長と食事をしました。


まず一人目が
ビューティガレージ野村社長です。


前日のパーティーに続き
二夜連続でお会いしたことになります。


野村さんとはこの半年で
相当会っているような気がします。

尊敬する方なので
とても光栄なことです。


『美容業界の虎』と呼ばれる野村さんと
(僕が勝手に呼んでいます)
直接お話しが出来るのは
とても光栄なことですし、勉強になります。


そんな野村さんから、
僕の手帳にメッセージを書いて頂きました。


全て明かすことは出来ませんが、



誰もいなくなっても、私は応援します!



という本当に有難い御言葉を頂戴致しました。


野村さんの期待に恥じないよう
美容業界のため邁進していきたいと思います。


野村さん、本当に有難うございました!
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-10 15:59 | お世話になっている方

フォーキャスト渡邊社長

昨日はフォーキャストの
渡邊愛子社長とお会いしました。


フォーキャストさんは
フランスの世界的ブランドサロン
『ジャック・デサンジュ』を日本でFC展開している会社です。


愛子社長は僕の元上司にあたる方です。


とは言っても
当時はそんな関わりはなかったのですが・・


当時、デサンジュを運営していたのは
百貨店のパルコ系列の会社でしたが、
僕はその会社に在籍していました。


結局、
その会社は上司とケンカをして
1年ほどで辞めてしまったのですが、
美容業界に携わったのは
その会社がきっかけだったのです。


愛子社長は僕が辞める時も
とても気にかけてくれました。


僕の勝手な理由で辞めたのに
本当に有難いことです。


会社を辞めた約7年後、
僕がビューティーナビの責任者になった時に
全国のジャックデサンジュ約50店舗ほど掲載をして頂きました。


厳しいご指摘も多々ありますが、
とても温かい方です。



自分が年齢を重ね経験を重ねていくうちに
見えなかったものが見えてくることがあります。


当時、ジャックデサンジュの本部にいた時は
屈辱感ばかりで人生で最悪の時でした。


何もかも自信をなくしてしまい
やること全てに恐怖を感じていました。


上司からはイジメに近いものを受け
(もちろん愛子さん以外の上司です)
責任を全て擦り付けられ、
最後には爆発して
ケンカして会社を辞めてしまったのです。


当時は家族もいたので
年末ではありましたが、辞めた翌日から
宅急便のアルバイトを早朝から深夜まで行い、
年が明けたら葬儀屋のアルバイトをしながら、
仕事探しをしました。


葬儀屋のアルバイトでは
いきなり死体を運んだりして、
ショッキングなこともありました。

毎日違う現場に行き、
二十歳の女の子に罵声を浴びせられながら
奴隷のように働いたこともありました。


30歳に近い家庭を持つ男が
そんな感じだったのです。

そんな生活を送ってるのを
当時は全て他人の責任にしていました。


『あいつのせいでこうなったんだ!』


憎しみしかなかったような気がします。


全て自分の選択なのに・・


しかし今になって、
当時の経験がとても良かったと思えるのです。


あの時の辛さが、
僕を強くしてくれたと本心から思えるのです。


奴隷のように扱われた経験があったから
誰に対しても敬う気持ちを持ちながら
接しようと心掛けていますし、
上司にイジメに近い扱いを受け
責任を擦り付けられた経験があったから、
メンバーに対して愛情を持って接し、
何かあったら自分が盾になろうと思うのです。


辛さを知ってる人間は、
絶対に同じ辛さを与えてはいけないと思うのです。
(まだまだ未熟者には変わりありませんが・・)


正直言うと、
2、3年前までは当時ケンカした上司を思い出すと
瞬時に沸点に達する程の怒りを常に持っていました。

そのネガティブなパワーを
モチベーションに変えるようなこともしていました。

奴を見返してやる!と・・


まるで危険分子をエネルギーに変える
原子力発電所のようなものです。


しかし、
最近になって怒りは完全なくなり、
あの人のお陰で今の自分があると
半分だけ思えるようになってきました。

あと半分思うことが出来ないのは
自分の未熟さなだとは分かっていますが
本心なので仕方がないことです。。
これから成長していきたいと思います。


そんな未熟者の僕と
辞めた後もお付き合いして頂いてる愛子社長は
恩師であることは間違いありません。


僕が飛び出すように辞めた後
子供がいるのに大丈夫?
他の部署で働かせることは出来ない?
と心配してくれた愛子社長の温かさを
僕は決して忘れません。


感謝、感謝です。



そして

いつか

ケンカした上司に対しても、
心の底から感謝出来るようになりたいと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-10 11:53 | お世話になっている方

10周年記念パーティー






今日はビューティーナビ10周年記念パーティーが
行われました。


たくさんのお花も頂き
本当に感謝、感謝です。


色々と話したいことがありますが、
とにかく感無量です。


今まで支えてくれた皆様、本当に有難うございます。

僕の役目は終わりましたが
これからは次世代のメンバー達が
きっとビューティーナビを良くしてくれるでしょう。

一晩だけでは語り尽くすことは出来ませんが、
本当に多くの方々と話すことが出来ました。


皆様、本当に有難うございます。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-08 23:43 | ビューティーナビ

カニの話し

ある本に足を(手を?)引っ張り合う
カニの話しが載っていました。


カニを捕まえて桶に入れた時に
一匹だったら桶を乗り越えて逃げてしまうけど
カニが数匹にもなってくると
逃げなくなるそうです。


数匹になると、
逃げ出そうとするカニがいたら他のカニが邪魔して
逃げられなくなるということです。


邪魔してるのか、
自分も逃げ出そうとしてるのかは分かりませんが

足を引っ張り合っているように見えるのは
確かなことでしょう。


これは新たなことにチャレンジしようとする人と、
出来ないと助言する人の関係に似ています。


桶に入っているカニは、
桶にいる方が安全だと思って
桶から出ようとするカニを必死で阻止するのです。
(実際カニがそう考えているかは分かりませんが・・)


必死に阻止するカニは
自らが外に出たことがないから
外は危険だと信じ切って阻止するのです。



桶の中と外、
果たしてどちらが安全なのでしょうか?



この答えは分かりません。

しかし、
一つだけ言えるのは桶の外に出ると決めたカニは、
桶の外に出たカニに助言を求めるべきだということです。


桶の中にいるカニに助言を求めたら
絶対に出るなと言うはずです。



桶に例えられることは、
人生においてたくさんあります。


仕事やプライベートなど様々なシーンで
桶が存在することでしょう。


起業、独立するしないという大きいものだけでなく
好きな娘をデートに誘う誘わないなども含まれます。

その時に大事なことは、
自分は桶の中にいたいのか?
桶の外に出たいのか?
ということです。


こんな偉そうなことを書いてる僕ですが
桶の中か外にいようか悩む時がしばしばあります。


しかし、
桶の中の風景は見えてるので、
どんな結果になるか想像がつきます。


だから、
その想像出来る結果に満足出来るか?出来ないか?
という基準で判断することにしています。


最近思うのが
僕が憧れるのは桶の外にいるカニだということです。

後悔するなら
桶の外に出て後悔したいものです。。



※今度カニを数匹捕まえて桶に入れる実験をしてみたいと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-08 00:40 | 想い・考え

欅並木


表参道の欅並木です。

木々が青々と茂っています。


そろそろ表参道コレクションの時期です。


表参道の有名サロンが集結し
一年に一度行われるヘアショー
『表参道コレクション』


10回目を数える今年は
どんなショーになるか楽しみですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-07 13:10 | ビューティーナビ

今日は本田健さんの
イブニングセミナーに行ってきました。


本田健さんは
『ユダヤ大富豪の教え』
『スイス銀行家の教え』
などの著者でも有名な方です。


今回は
『ピンチをチャンスに変える51の質問』
という本の出版記念の講演会です。


よくピンチはチャンスと言いますが、
本田健さんも同じことを言っていました。


そしてピンチの時の自分への質問が大事だとも言っていました。



ピンチになった時、
どんな扉が開くのだろうか?


今までにない、
まだ自分が気付いていない、
扉が開くことを期待するということです。


ピンチになった時に新しい自分に
出会えるかもしれないということですね。


僕自身、振り返るとピンチだという時に
新しい力を発揮してきました。


そう考えると

『ピンチよ来い!』


ですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-05 20:19 | ビューティーナビ

アレスさんの事務所








原宿にあるアレスさんの事務所に行ってきました。


豪華なキャラクターが勢揃いです。


お伺いする楽しみの一つです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-04 19:07 | ビューティーナビ

編集のあいさん


編集企画の奥野あいさんです。


頭の回転の速さと、
テキパキとした仕事ぶりで
顧客の信頼も厚いです。


動じない性格も売りです。

彼女の企画力が
今後のビューティーナビを左右するのは確かです。


これからの活躍に期待です!
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-03 15:23 | ビューティーナビ

偽りの実力

自分の本当の実力は自分が一番よく知っている。


その事実を認めなければならない。


認めることの出来る人は成長出来るし、
認められない人は成長することは出来ない。


ひどい人になると自分の実力を
偽ることに必死になる。


たいしたことをしてなくても、
いかにも凄いことをしたと自慢したり、
知りもしないことを知っているふりをしたりする。


そんなことをしても
何も変わらないのに・・


野球に例えると、
何でもないゴロをファインプレイに
見せたりすることに必死なだけだ。


このような人は
周りに全てバレていることに全く気付かない。


気付かずに永遠に簡単な打球を
ファインプレイに見せ掛けて自慢し続ける


周りは全て気付いているのに・・


数値化された結果を見れば
すぐにバレてしまうのに・・


僕はこのような人にはなりたくない。


成長は止まるし
人がついて来ない。


若くして偽りの実力を振る舞い始めたら、

気付いた時には中身のない
空洞化された自分がいることでしょう。。



あ〜怖い、怖い
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2009-09-02 23:33 | スパイシー

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke