<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

月末

月末はお金の出入りが多い。

支払いは確実に発生します。
(支払いはしっかり行います。)

しかし、入金は顧客あってのことです。

約束はしていても、
入金がされないというリスクもあります。

幸い弊社が取引している顧客は、
優良顧客が多いためそのようなことはありません。
(本当に有難うございます。)

入金管理も、振込業務も全てネットバンクで
行っているのですが、入金に喜び、
支払いに心を痛める・・・(笑)
なんていうことを繰り返しているのです。

将来的に大きな金額が動くことになったとしても、
この気持ちは忘れずにいたいものです。

ブラウザ上で入出金の“結果”を確認するのですが、
実際にはお金が動いてるのだということを忘れないように
常に意識しております。

入金をして頂いたお客様に対して、
感謝の気持ちを持つのは当然のことですが、
支払い先の方にも対して感謝の気持ちを持つ位の
意識でなければダメですね。。。

そのためには、心の底から信頼出来る方、
又は企業と仕事をしなければいけないですね。

振込みをして頂いたお客様、
振込みをさせて頂いたパートナーの方々に
感謝、感謝です。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-31 19:48 | 想い・考え

5年ぶりの再会

前職で一緒に働いたことのあるOさんが、
会社に来てくれました。

2004年の年末以来会っていないので、
約5年ぶりの再会となります。
(わざわざ有難う!!)

Oさんは、現在は立派なデザイナーとして活躍中。
フリーランスとしても引っ張りだこみたいです。

Oさんは、前職の会社を辞めてから、
色々と経験されて、今はBIGな仕事も
多数任されているとのことです。

その中でも、美容業界の仕事が大きな経験となったとのことです。
彼女曰く、美容業界の仕事はセンスと根気が要求されるらしく、
その両方を兼ね揃えているデザイナーは滅多にいないみたいです。

彼女は今の仕事に遣り甲斐と誇りを持っているらしく、
とても嬉しそうに語っていました。

彼女と話しをしていて、仕事の原点を思い出しました。


仕事を通じて、
様々なことを学び人間としても成長する・・・


それが仕事の原点であり、
辛く、苦しいだけでは、労働という名の
“拷問”となってしまいます。


“仕事はワクワク楽しく”


ですよね??


あれほど、教えてもらったのに、
すぐに忘れてしまう・・・


5年ぶりにOさんに会えて良かったです。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-29 22:33 | お世話になっている方

お客様を大切にする

当然のことですが、
お客様は大切にしないといけません。


しかし、
当然のことが出来ていないことも多々あります。


出来ていない分は、
必ず挽回させて頂きます。

そして必ず

弊社と付き合って良かったと言って頂けるように
全力を尽くします。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-26 20:16 | 想い・考え

プラス思考

プラス思考の人はプラス思考の人を呼び寄せます。


逆にマイナス思考の人は、
マイナス思考の人を呼び寄せます。


プラス思考の人はプラス思考になっている理由は
自分自身の中にあると思っています。


マイナス思考の人はマイナス思考になる理由は
自分以外にあると思っています。


誰もがプラスとマイナスの部分を持っていますが、
どうせなら少しだけプラスの部分を多くしてみませんか?


少しだけでいいんですよ。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-24 21:01 | 想い・考え

Tさん

今日は上場企業でもあるTさんの本社に訪問。


本社の方々が挨拶を徹底されていることに
気付きました。


仕事は人と人との繋がりで成り立ち、
人と人との繋がりは挨拶から始まります。


基本的なことですが大事なことですね。


見習うべき点です。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-24 16:45 | 美容室・美容業界

律儀な人

元SのYさんが雨の中御来社頂きました。

Yさんとは、約2年前に仕事を通じて知り合いましたが、
昨年末から色々とお世話になっております。

Yさんは、とても律儀な方です。
いつも素敵な方を御紹介して頂きます。

今日も素晴らしい方を御紹介して頂きました。

いつも有難うございます。

Yさんのような律儀な方は
今時、珍しいかもしれませんね。


こんな人には損をしてもらいたくありません。



必ず恩返しをさせて頂きます。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-23 22:11 | お世話になっている方

弱音

最近、弱音を吐かなくなった。



と、思う。



別に強がっているわけじゃない。



弱音を吐いても誰も聞いてくれないし、何にもならないから。



吐かなければ、吐かないで良いものだったら



弱音なんて吐かない方がいいよね?



弱音なんか吐いていたら格好悪いし



それに、幸運を逃しそうだしね。





マラソンでも



辛い、苦しいと言って走っている人は



多分、いいタイムでは走れないと思う。



どうせ同じことをするなら



楽しんだ方がいい。



結局、辛いとか、大変だとか決めるているのは自分だし



他人が決めているわけじゃない。



全て自分が決めていること。



言葉だって自分の意志で発してるんでしょ?



他人に操作されて言葉を発しているわけじゃないし・・・




マラソンも仕事も、楽しいとか、辛いとか決めているのは、



全て自分。




そう考えると、物事をネガティブに考えたり



それを言葉として発することも



バカバカしくなってくる。






自ら不幸になることを選択していると同じ。



まるで



『私は不幸なんだよ!』



と宣言しているみたいだ。




どうせなら、幸せだと宣言した方がいい。





だから、明日も前向きに生きていこう。



ポジティブな言葉だけを使おう。



明日も良い日となりますように!!



※既に23日でした。おやすみなさい。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-23 00:56 | 想い・考え

運の良い人

ある本を読んでいたら
有名な経営者のインタビューが載っていました。

成功する秘訣は運の良い人と関わること。


運が良い人は、やはり運を呼び寄せる・・・


運を引き寄せる人は、素直な性格で、
常に前向きな言動であり、
何にでもチャレンジしていく人。


そんなことが書いてありました。


確かにこんな人だったら、
応援したいと思う人も多いだろうし、

応援したしいという人が多ければ、
良い方向に事柄も進んでいくことでしょう。


逆にいつもネガティブな言動を繰り返し、
何をするにも否定的に捉え、
結局何も行動しない人には
応援したいと思う人はいないだろうし、
寄ってくるとしたら、
同じネガティブモードの人ばかりだと思います。


そして、傷の舐め合いと、
文句の言い合いが行われる・・・


この差は大きいですよね。

客観的に自分の回りの人間関係を見て、
ネガティブな人間ばかりであれば、
付き合う人を変えなければいけないと思います。


ネガティブな言動ばかりだと、
不幸になると分かってるなら、
ネガティブな言動をやめればいいのにと単純に思います。


どうせなら、
運が良くなる習慣を付けた方がいいですよね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-22 00:52 | 想い・考え

青山

昨日、青山のサロンに行ってきました。

経営者の方と色々話しをさせて頂きましたが、
その中で印象に残ったことが、
青山界隈が全体的に元気がなくなったということ。


仕事柄、青山周辺はよく行くのですが、
確かに、最近人の通りも少なくなったような気がしますし、
お店の入れ替わりや、
空きテナントも増えてきたような気がします。


ここ数年の不況も影響しているかもしれませんが、
最近の若い世代の消費に対しての考え方が
大きく変わってきたという裏付けなのかもしれません。


ブランド物や車などの高価なモノへの執着心がなくなったり、
カップルが家の中で過ごす機会が多かったり、
ゲーム、インターネットに時間を費やしたりなど、
様々な記事を目にすることがありますが、

確実に言えることは、僕達アラフォー世代が20代の時と
全く異なるマーケットが形成されているということです。

僕が20代前半の時は、車、服、装飾品、異性との関係、
住んでいる場所などにステータスを感じる人が
多かったような気がします。


ある意味“見栄のマーケット”が
形成されたのかもしれません。


当時は、原宿、表参道、青山周辺で何かをするということだけで、
ステータスを感じてた人もたくさんいましたし、
六本木なんかは、週末は2重駐車は当たり前で、
走行車線かなんだか分からない道路をよく目にしました。

路上では、若者達がナンパを繰り返し、
ナンパのために高価な車を購入したという人も
多かったのではないでしょうか?

そんな時代が良かったということではなく、
以前のような“見栄のマーケット”はなくなりつつあり、
単に“スポットエリアだから”という理由で人が集まり、
消費していくという時代ではなくなったということを
理解するべきだと思うのです。


青山周辺を歩くと、
たくさんのお洒落な店があります。

僕なんかは、こんなお店で食事をしたいなと
単純に思うのですが、
冷静に考えると、このエリアまで足を運び、
さらに高いお金を払って物を購入したり、
食事をするということは、
相当な理由がないといけないと思うのです。


美容業界は、原宿、表参道、青山が
流行の発信地であったのは確かです。

しかし、インターネットの普及により、
事前に嫌という程の情報を収集が可能となり、
取りあえず、新しい発見、刺激を求めて、
スポットエリアに行ってみようという人は
少なくなっています。


インターネットで事前に情報収集をして、
明確な“目的”を持っての行動をするという人が
確実に増えてきているのです。

消費欲が薄くなってきたと言われる若者達にとって、
取りあえず行ってみようか?という点で考えると、
青山は、それほど楽しめるエリアではなく、

どちらかというと、池袋のような何でもあるエリアに、
集まる傾向が大きいと思うのです。


今、原宿、青山界隈の美容室の販促は、
とても難しくなってきています。

単にブランドイメージを打ち出しただけでは、
情報武装しているユーザーには通用しないですし、
“ブランド”というステージで考えた場合、
“ルイ・ヴィトン”“グッチ”“ブルガリ“プラダ”などの
海外の有名ブランドと比較したら、
やはり色褪せてしまうでしょう。


ユーザーは、美容室に対して、
海外ブランドのイメージを求めているわけではないですし、
美容室がそこを求めたら、
美容室として成り立たなくなってしまいます。


見栄のマーケットが縮小傾向にある中で、
表面だけのブランドは通用するはずもなく、
内面からにじみ出てくるようなものが、
本物のブランドととして認知される時代だと思うのです。


僕達は、素晴らしい美容室、美容師をたくさん知っています。
その素晴らしさを伝えていくのが使命であり、
表面的な見栄っ張りな情報を伝えるのは、
美容室にとってもユーザーにとっても
不幸な結果を招くだけだと思うのです。


美容室に求められているものは何か?ということを、
改めて考え直さなければいけないと思いますし、


新たな価値の創造ということも
同時に考えなければいけない時期に
なってきたのだと思います。



青山のサロンの方と話しをして、
色々なことを考えてしまいました。。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-20 12:47 | 想い・考え

キャッシュフロー

古くからの友人であり、
弊社顧問税理士の渡辺君。

昨日は新宿御苑前に来たということで、
弊社に寄って頂きました。

ランチをしながら話しをしようということでしたが、
事務所での仕事が多く、外に出ることが出来なかったため、
お弁当を食べながら打合せをしました。

渡辺君とは4月決算の見通しと、
今後のキャッシュフローについて話しをしました。

キャッシュフローについては、
カレンダーに応じた日別入出金予定表を
つくることを勧められました。

1日ごとの入出金予定と、
確定した金額を入力した表をカレンダーに落とし込み、
一年間先までつくるということです。

弊社のような会社は、固定費の割合いが大きいため
ある程度はコストが見込めます。

人の増員や、外注先に掛かる費用など、
プラスで掛かってくる可能性もありますが、
最低でも1、2か月前には分かることです。


会社の規模が小さいうちに長期的なキャッシュフローを
把握する仕組みをつくることが大事です。

売上を予測するより、コストを予測する方がはるかに楽です。
売上という可能性を追求しながらも、
冷静にコストというリスクを把握することが大切です。


野球に例えると、
何点取れるか?というのが売上で、
何点で抑えるのか?というのがコストです。

いくら点を取っても、
それ以上に点を取られた負けなのです。
(当たり前のことです)

分かっていても、
どうしても何点取れるか?ということに
執着してしまう傾向があります。

何点取れるか?という視点と、何点で抑えられるか?
又は、何点まで取られても良いか?
という視点を持たなければいけないのです。

プロ野球のペナントレースでも、
毎試合2点しか取られないということが予測出来れば、
最低でも3点以上取ることを考えれば良いのです。

もちろん、5点、10点を取りに行かなければいけないのですが、
この『最低でも』という考え方が大事だと思うのです。

野球では、10点差で勝利しても『1勝』というカウントですが、
経営では、10点差をつけた場合は、10点がストックされます。

常に失点(コスト)を把握して、最低でも何点取れば良いか?
ということを頭に入れていけば試合運びもスムーズになります。


そのために、まずは日別入出金管理表を、
一年先までつくりたいと思います。

強い会社をつくるためには、当然のことですけどね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2010-03-19 11:09 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30