<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

楽しいお酒

この時期、まさに忘年会シーズンですね。


弊社でもささやかながら忘年会を行いました。


やはり仲間とお酒を飲むと楽しいですね。


心から楽しむことが出来ました。
みんな有難う!!



そう言いながらも、
僕は会社の仲間全員でとか、
みんな揃ってという飲み会は
あまり好きではありません。



前の会社でも自ら先頭に立って
飲み会を開催したことはありませんでした。



義務的な飲み会が嫌だということと、
酒の勢いで仕事の説教などをする人がいたので
嫌な思い出が多いというのが理由です。



会社のメンバーと飲みに行く時も、
サシか少人数の場合が多いです。


その際もネタや笑い話として
仕事の話をする場合はありますが、
基本的には仕事の話しはしないようにしています。


仕事の相談なども多くありますが、
会社内で済ませるようにします。



前職で一緒に働いたS君も(
仕事中は徹底的に叱ったことも何度もありましたが、
サシで飲むときは叱ったり
説教などをすることはありませんでした。
(会社内だけを見て相当仲が悪いと思った人もいたみたいですが・・)



酒の席で上司に説教などされたら最悪ですからね。。


今もその考えは変わってはいません。



そんなに真剣な話があるなら
酒がない席で話せばいい・・・


単純にそう思うのです。



あと酒の席で絡まれたり、説教されると、
自分も酒を飲んでるのもあり、
いつも以上に腹が立つというのも嫌な理由です。



普段なら許せることも、
無性に腹が立ってしまうのです。



だから酒の席で嫌な思いをした人とは
あまり近付かないようにしています。



そんな偉そうなことを言っていますが、
酒の席で失敗を重ねてきたからこそ
そう思うのかもしれません。



何度も言いますが、
酒の席で上司が部下に説教するのはタブーでしょう。


酒の力を借りての説教など誰が聞くのでしょうか。



数年前、普段何も言わないのに、
酒の席になったら説教してきた上司がいました。


はじめは黙って聞いていましたが、
だんだん腹が立ってきて、
ついにプッツンいってしまいました。
(僕も酒ぐせが悪いかも・・)



結局その人とは、それを機にぎこちない関係になり、
会社を辞めるまで修復はされませんでした(汗)



酒の席がなければ今の状況も
変わってたかもしれませんね。



ただ酒の席でも、酒の席ではなくても、
人格否定や親の悪口など言われたら
当然、腹が立ちますしそんな時は迷わず
怒らないといけないと思うのです。
(もちろん殴り合いなどはしませんが・・)


そんなスタンスの僕ですが
絡んでこなければ
メチャメチャ楽しいお酒になりますよ。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-12-27 19:00 | 想い・考え

伝えたいこと

出来ることなら
自分に関わる全ての人達を幸せにしたい・・・




でも、その中でも特に幸せにしたい人がいる。




先ずはその人を幸せにしなければいけない・・・
と、思う。




そうでないと、
多くの人達を幸せになんて出来ないからね。




Nちゃん、S君、君達を幸せにすることが
僕にとって一番大事なこと。




君達が立派な大人になって幸せになること・・・




それが一番の夢。




その光景を思い浮かべるだけで
涙が出そうになるんだ。




もちろん色々な夢はあるけれど
一番は君達を幸せにすること。




それに比べたら他のことなんてとても小さなこと。




いつも君達のことを考えてる。




笑っているのかな?
それとも悲しい顔をしてるのかな?って。




でも、いつも悲しい顔をしてるんじゃないかな?って、
心配になってしまうんだ。



実際、悲しい想いをさせてしまったからね。。。




ごめんね・・・




決断に迷ったら
君達を幸せにするためにはどうしたらいいか?



そう考えるようにしてる。



とてもシンプルで分りやすい。




だから悩んだり、迷ったりしたら
君達を幸せにするための決断をしようと思う。




もちろん、その気持ちをもって
他の人達にも接するつもりだけどね。




今日も寒いけど風邪を引かないようにね。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-12-18 18:05 | 想い・考え

アクセス数を増やす方法

弊社では多くのサロン様のWEBサイトの制作及び
コンサル的な業務を行っていますが、

最近、アクセス数を伸ばすことが
難しくなってきていることを実感してます。

以前であれば、美容系ポータルサイトへの掲載、SEO対策、
リスティング広告などでアクセス数を増やすことが出来ましたが、
最近は、そんな簡単な問題ではなくなってきています。

多くの美容系ポータルサイトが成功報酬型にシフトしているため、
意図的にサロンWEBにリンクしないか、
リンクしても目立たない位置に掲載しているケースが多いので、
必然的に美容系ポータルサイトからの流入は減ってきています。

SEO対策も、以前は美容室(又は美容院)+エリア(又は駅名)で
上位表示すれば、アクセス数を増やすことが出来ましたが、
ユーザーニーズの細分化、及び検索目的の明確化によって
不特定多数のキーワードで検索されるケースが多くなってきています。

(美容室+エリアで検索するユーザー = 目的が不明確 = 来店に繋がりずらいという構図)


当然、多額のコストを掛けて、リスティング広告、バナー広告に掲載すれば
アクセス、来店数は上がるかもしれませんが
“相当網を張る必要”があります。

それだと現実的には難しいので、
今後は、アクセスしてもらいたいユーザーの絞り込み
(=キーワードの絞り込み)とSNSの活用が重要だと思われます。

あと、最も重要なのが“ページ数”。

WEB上ではページ=営業マンです。


単純ですが、ページ数が増えればアクセスされる可能性が高まりますし、
様々なキーワードで検索される可能性も高まります。

検索して欲しいキーワードを絞り込み、
そのキーワードに関連したページ数を増やす。

そして、そのページをツイッター、FBで発信していく・・・
このような流れをつくることが必要だと思います。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2011-12-04 15:12 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31