<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

活発な意見が飛び交う環境・・・


常にそうでありたいですよね。



意見が出ないミーティング、特定の人だけが話をする
ミーティングなんて無意味ですよね。


そんなミーティングだったらしない方がいいし
複数の人が集まる必要もありません。


この意見が飛び交わないミーティングは、
一方的に自分の意見を出し続ける人、
意見を出さない人、
双方に責任があると思います。


ミーティングを仕切る人は
様々な人が意見を出せるような機会をつくらなければいけないし
ミーティングに参加する人も
自分の意見を出す準備をしなければいけません。



意見を出さない、叉は出さなくていいミーティングを続けると
こんな悪影響が出てきます。


・意見を出す準備をしない

・当事者意識の欠如

・人前で話すことに慣れない

・プレゼンスキルが身につかない

・ミーティングの内容を覚えてない

・眠くなる

・時間の無駄

・生産性の低下



良くないことばかりですね(笑)


このようなミーティングを重ねると
各個人のスキルアップにもならないし

限られた人に頼らなければいけない
組織になってしまいます。



恐ろしいですね。。。



さらに


・事なかれ主義

・反論は罪だという風潮

・目的意識の低下

・幹部のリーダーシップの低下

・役割が不明確



などなど


ミーティングの質の低下が
組織内での悪影響を及ぼします。



弊社は少人数なので
全員参加のミーティングが多いですが
質の高いミーティングが出来てるかといえば
まだまだ改善の余地があると思っています。


僕が一方的に意見し他のメンバーは
聞いているだけということも多々あります。


これでは組織は活性化しないし
参加しているメンバーのスキルアップにも繋がりません。



ミーティングは目的、業務、情報の共有化の他、
組織の活性化、個人のスキルアップなど、
多くの機会を生む場でもあるのです。



そう考えると、ひとつひとつのミーティングの質を
高めていく必要がありますね。



たかがミーティング、
されどミーティングです。。。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2012-10-31 18:19 | 想い・考え

100K徒歩大会完歩!!

今回で三度目の挑戦となる三河湾100K歩け歩け大会
(以下100K徒歩大会)

1回目の参加は45K地点でリタイア

1回目参加の際のブログ

1回目参加の際の動画1

■1回目の参加の際の動画2


完全、100K徒歩大会をなめていました。。。



そして昨年の2回目は74Kでリタイア


2回目参加の際のブログ


大雨の中のため完歩者が3割程度という過酷な大会でしたが
それを理由にしている自分がいる・・・
情けない。。。

2回目もリタイアして、もう参加を止めようとしましたが、
大阪のハーベン中川社長から“愛の喝!”が入りました。

c0212312_938136.jpg



リタイア直後のFBのコメント欄です。
皆さん、温かいコメントを投稿して頂きましたが、
中川さんだけ、厳しいコメントを頂きました。
(温かいコメントを頂いた皆様、本当に有難うございます!)

確かに有難いコメントです。

“友人として”なんていう言葉は、
本当に嬉しいです。

しかし、リタイアした直後に
来年も参加という気持ちには到底なれません。

その場は、中川さんのコメントに感謝しながらも、
『ゆっくり考えます』と即答を避けた
コメントを返させて頂きました。


しかし、それでは終わりません。


なんと、帰りの新幹線に乗っている途中に、
中川さんから携帯に電話が!!


『なんで、来年も出ないんや!!リタイアしたままでいいのか!!
佐々木さんになんとか完歩して、達成感を味わってもらいたいんや!!』


かなり激しい口調でしたが、
そこには温かさと、愛情を感じました。
(他の方のコメントも本当に嬉しく涙が出そうでした)

中川さんは、会社を引き継ぐ時に、
“100K徒歩大会に完歩して、会社を引き継ぐ”とスタッフに公言し、
覚悟も持って、100K大会に参加し、そして完歩したとのことです。

その時、中川さんが味わった達成感と、
100K徒歩大会に完歩したことによって、
これからどんなことがあっても乗り越えられるという自信を
僕にも持ってもらいたいということです。

中川さんとの電話で、
来年も出て、必ず完歩するということを誓いました。


そして、3度目の正直の今回の100K徒歩大会

7月から約3ヵ月間トレーニングを始めて
週5回程、1日7~8Kを走りました。

走る時間は朝6時~7時頃とはいえ、
真夏の日差しはかなりきつかったです。

これも、100K徒歩大会を完歩するため。

悔しい想いを繰り返したくないため。

そして、自分自身に対して『出来る』ということを証明するため。

そんなことを想いながらトレーニングを続けました。



そして、大会当日


土曜日の朝8時30分にスタートし、
時速5Km平均で歩けば、15時間後の23時30分には
75K地点に到達します。

しかし、トイレ休憩、途中のペースダウンを踏まえて
深夜0時まで(土曜日中)71K地点のチェックポイントに
到達するという目標を立てました。

大会は翌日の日曜日の15時までに
ゴールすれば良いという規定です。

土曜日中に71Kに到達すれば、
残り約30Kを15時間で歩けば良いので、
前半が勝負という気持ちでペースを保ちながら歩き続けました。

その結果、71K地点には23時30分に到達し、
その後、多少ペースダウンしましたが、
日曜日の朝8時前にゴールすることが出来たのです。

スタートから23時間30分でゴール!!

ついにやりました!!

c0212312_10102376.jpg

【残り3K地点の様子】


c0212312_10112016.jpg

【ゴール直後の様子】


何もかも順調にいったように思われるかもしれませんが、
途中、様々な葛藤が心の中でありました。

50K地点で足の裏の皮がべろりと剥けて激痛が走り、
50Kから80Kまでは真夜中、真っ暗闇を1人で歩き続け
心が折れそうになったり、リタイアしたい気持ちにもなったりしました。

しかし

何としても、証明したかった・・・


自分は絶対出来る!!

自分にしか出来ないことを必ずやり遂げる!!

ということを。


ビューティーTVというサイトを立ち上げてから約1年半。


可能性は感じているし、
絶対にやり遂げるという強い気持ちもある。


しかし、美容業界に対して
e-ラーニングを浸透させた人は今まで誰もいない。

マーケットを開拓しながら、e-ラーニングという新しい文化を
浸透させなければいけない。

当然、時間も掛かるし、コストも掛かる。

長期的に考えれば手応えは感じつつも、
やはり短期的に結果を出さなければいけない。

短期的な結果を追及され、
結果が出ない辛さ、苦しさを感じる日々。


将来的には絶対に必要とされる事業なのに・・・

美容業界の人達が喜んでもらえる事業なのに・・・

出演してもらっている技術者は皆一生懸命なのに・・・

会社のメンバー達も一生懸命頑張っているのに・・・・


本当に辛いし、苦しかった。
そして、何より自分の力のなさを感じてました。

手応え、自信は持ちながらも、
それを毎回打ち壊されていく感覚。

波打ち際で砂の城をつくり、
波が来るたび壊されていく。
そんな感覚です。


だけど、自分は出来るということを、
改めて証明したかった。

目先だけしか見えない小波達が
何度、押し込んでこようが
揺るがないものがあるということを
自分の中で証明したかった。。。


100K徒歩大会中、そんなことを考えていました。


途中、体の痛みと、悔しさで、悔し涙を流したり、
支えてくれている人達のことを思い浮かべ、
本当に有難く、感謝の気持ちで涙を流したりして、
アホ見たいかもしれませんが、涙が止まらない時もありました。

そして、嬉しかったのが、
会社の仲間たちの“ライン”を通じての激励のメッセージ。

夜中、早朝問わず、
本当にたくさんのメッセージをもらいました。
(これにも大泣きです。)

特に僕が精神的にも、肉体的にも
一番辛いと思われる夜中から早朝にかけて
たくさんのメッセージをもらいました。

一緒に戦ってくれてるんだな。

こんなリーダーでも応援してくれるんだな。

彼等、彼女達も眠いはずなのに・・・


本当に嬉しかった。



さらに、昨年の大会直後、熱いメッセージをもらった
ハーベン中川社長から早朝に激励の電話がありました。

大阪で20店舗近く美容室を展開して、
多忙な中川さんが、僕のことが気になって
早朝4時に電話をしてくれたということ。

そして、ゴールして中川さんが味わった感動を
絶対に味わって欲しいという想いが
ヒシヒシと伝わってきて、ここでも涙が・・・

やはり、自分は多くの人達に支えられているということを
改めて実感し、深い感謝の気持ちでいっぱいになりました。


そして、自分の中では感動のゴール!!


c0212312_10102376.jpg

【しつこいですが・・・残り3K地点の様子】


c0212312_10112016.jpg

【しつこいですが・・・ゴール直後の様子】



なんとか、自分の中でけじめをつけることが出来ました。




100K徒歩大会は、単に歩き続ける大会です。


途中、見知らぬ通行人が、大会の内容を聞いてきて、
『アホだな』と笑っていましたが、
その通り、アホみたいな大会です。

誰もが僕のように決死の覚悟で
大会に参加しているわけでもありませんし、
それが良いとも思っていません。

ただ、僕はこの100K大会を通じて、
学ぶことがたくさんありましたし、
今後の人生において、必ず自信になっていく思っています。


この先、たくさんの辛いことがあるかもしれませんが、
そんな時は100K徒歩大会のことを思い出して
乗り切っていきたいと思います。
(ベタベタな終わり方ですが、素直にそう思います。)


【一緒に参加した栗原さん、石井さんへ】

今年は残念でした。
しかし、2人だったら絶対に完歩出来ます!!

来年はサポーターとして現地に行きますから
頑張って下さいね。

絶対、ゴールで抱き合いましょう!!



※番外編

100K徒歩大会終了後はこんな感じです(笑)


c0212312_1057209.jpg

[PR]
by sasaki-ryosuke | 2012-10-23 10:57 | 想い・考え
皆様、お待たせしました!!


10月10日 ビューティーTVが


サクラビューティーTVに生まれ変わりました!!!


サクラビューティーTV 新画面
(ヘア以外にも、エステ、ネイル、メイク、リラク動画もあります!!)


↓ ↓ ↓ ↓

c0212312_17365753.jpg



正直言うと、ここまで精神的にも体力的にも


本当に辛かった・・・



動画コンテンツ制作、システム開発に、


多額のコスト、時間は掛かるし


何より、美容業界のe-ラーニングというマーケットは存在しないので


普及させるのにも大変です。。。




しかし、“産みの苦しみ”ではありませんが、


やはり、感動しますね。


新しいもの生み出した時って・・・



100人中、99人にダメだしされたって、


僕にとって、サクラビューティーTVは素晴らしいサイトです!!


(少なくとも、僕と弊社のメンバーはそう思っている。)



だから、これから、もっと、もっと、



多くの人達に利用してもらいたいと思っています。


この素晴らしいサクラビューティーTV


もっと、もっと、多くの人に・・・




誰かに理解されたり、認められたいために、


サクラビューティーTVをつくったわけではありません。



単純に、より多くの方に学んで頂き、


より多くの方がスキルアップしてもらうことが一番の目的です。



だから、単純に多くの人達に学んで頂き、


多くの方に愛されるサイトに


成長させたいと思っています。




システム不具合とか、導線が分かりづらいなど、


近々に抱えている問題も多々あります。


(ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。)



しかし、必ずサクラビューティーTV


多くの人達に愛されるサイトにしていきます!!




だから、全身全霊を込めて、



サイト運営に努めて参ります。



サクラビューティーTVを見た方がスキルアップして、


より多くのお客様を幸せにする・・・



そんな幸せの波及効果をつくっていきたいと思います。



これからのサクラビューティーTV


是非、ご期待下さい。



記者発表会の模様の動画もありますので、
是非、見て下さい!!
サクラビューティーTVがどんなサイトか分かります。

c0212312_1841247.jpg
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2012-10-13 17:57 | SAKURAビューティーTV

中長期的な視点で考える


今さらながら、当たり前ながら、



敢えて、自分に語りかけたい。。。




『中長期的な視点で考える』ということを。




今、やるべきことは自社サイト『ビューティーTV』のサイトリニューアル。



中長期的な視点でいえば、最重要項目には間違いない。




しかし、他にもやることは目白押し。



自分のキャパ不足かもしれないけど、



この2、3ヶ月、目が回る状態で、ゆっくりと考える時間もあまりない。



とてもマズイ状態ですね。。。




もっと、中長期的に物事を考え、行動、決断をしていかないと、




目先のことをこなすことで、終わってしまう・・・



時には何かを捨てることも大切ですね。
[PR]
by sasaki-ryosuke | 2012-10-01 22:01 | 想い・考え

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28