人気ブログランキング | 話題のタグを見る

性格の夢なんて…

性格の夢なんて…

ないと思っている人が多くないですか?

性格の夢なんて…_c0212312_19571865.jpg


ドリームマネジメントでは12の分野で100個の夢を書き出してもらいます。


12の分野の1つが「性格の夢」です。


どこか行きたい、何か欲しい、という夢はたくさんあるけど、性格の夢と言われても…


と思うかもしれませんが、セッションを行うとけっこう出てきます。


・明るく、前向きな性格になりたい

・小さなことにクヨクヨしない性格になりたい

・継続出来る性格になりたい

・何事にも動じない性格になりたい

・どんなことでも許せる性格になりたい

・謙虚な性格になりたい

・周りの人達をハッピーに出来る性格になりたい


など、思った以上に出てきます。


そして、この「性格の夢」をもっとも大切な夢にする人もかなりいるのも事実です。


では、この「性格の夢」を実現するためには、どんなアクションプランを設定すれば良いのでしょうか?


アクションプラン(行動計画)を設定する…

ここが、もっとも重要です。


単になりたい!だけでは実現はしません。

性格の夢なんて…_c0212312_20090797.jpg



例えば、貯金100万円したいという夢であれば、毎月5万円の貯金を20ヶ月間行うというアクションプランを設定すれば良いのですが、
性格という数値化出来ない夢については、なかなかアクションプランを設定するのが難しいです。


では、実際に例として性格の夢とアクションプランを設定してみましょう!


【夢】明るく、前向きな性格になりたい

【アクションプラン】
・明るく、前向きな◯◯さんと週に1回ランチに行って、楽しい話しをする

・コメディ、コントのDVDを週に1本視る

・毎日良かったことをメモする



【夢】継続出来る性格になりたい

【アクションプラン】
・毎朝腹筋30回をする

・毎晩寝る前に3分間瞑想する

・週3回、3Kのウォーキングをする


という感じで、夢とアクションプランを落とし込んでいきます。


アクションプランを継続して行えば、夢が自動的に実現するというのが理想です。


ドリームマネジメントでは、どんな分野の夢であっても、アクションプランを具体的に設定していきます。


アクションプランを具体化していくことが夢の実現に繋がっていくという考え方です。


性格の夢であっても、具体的な行動に落とし込めますし、その進捗状況を毎月のドリームマネジメントのセッションを通じて語り合うことによって、お互いの夢を知り、応援していくという環境が自然に出来あがっていくのです。


社内で、◯◯さん、明るく前向きな性格になりたいと言ってたよね??みんなで◯◯さんを笑顔にしようよ!


なんで言う会話が飛び交うこともあります。

そんな環境だったら素晴らしいですよね?


このブログを読んだ皆さん!性格の夢とアクションプランを一つ設定してみませんか?


■ドリームマネジメント公式サイト
http://welovedream.com/


■佐々木亮輔がドリームマネジメントのファシリテーターになったわけ
http://r-faith.com/dream_management/


■ドリームマネジメントに関して、お気軽にお問合せ下さい
http://r-faith.com/contact.html






# by sasaki-ryosuke | 2016-07-04 19:16 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ
その夢、本当に社員の夢ですか?


その夢、本当に社員の夢ですか?_c0212312_16235654.jpg


今回は「会社の目標」と「従業員の目標」について書かせて頂きます。


「理想の会社となること」これは会社、経営者の目標です。


しかし、社員にとって”最大”の目標とは何でしょうか?



それは「理想の自分になること」です。


もちろん、理想の会社にするというのは社員にとっても大事な目標であることには間違いありません。


ただ、社員の一番の目標は、仕事を通じて理想の自分になることではないでしょうか?


理想の自分になった社員が多い会社が、理想の会社になっていくのです。


「人は会社のために存在しているわけではない。会社が人間のために存在する」



「社員は会社の顧客であり、もっとも影響力のある顧客であるということを忘れてはいけない」


これは、ドリームマネジメントの考え方です。


ほとんどの経営者が自社の社員に幸せになって欲しいと願っていることでしょう。


会社が成長すれば待遇も良くなるし、従業員の成長にも繋がる・・・
だから一緒に会社を成長させるため目標に向かって頑張ろう!!


このことが、間違っているとは思いません。
経営者、リーダーとしては明確な道を示すべきだと思います。


ただ、この道はあくまでも一つの道であって、その他、社員が幸せになる道はたくさんあるのです。


1人1人にそれぞれの価値観があり、幸せだと感じる価値観も人それぞれです。


僕も今まで経営者として3社に携わってきましたが、経営者のほとんどが、自分の夢=会社の夢 ではないでしょうか?(僕もそうでした。。※失敗ばかりでしたが...汗)


・会社の規模を大きくしたい(売上、従業員数を増やしたい)

・利益を増やしたい。

・会社を永続させたい。

・従業員を幸せにしたい。

・新事業を立ち上げたい。


などなど、会社に関係する夢が圧倒的に多いはずです。


経営者は一年中会社のことを考えているので、このような考えになるのは当然かもしれません。


しかし、社員はどうでしょうか??


経営者視点を持てと言っても、経営者に近いポジションでないと、同じ視点を持つのは難しいですし、そもそも経営者とは役割も考え方も全く違うと考えなければいけません。


球場内で活躍しているプロ野球選手に、球団オーナーの考え方になれと言っても難しいでしょう。


当然、優勝するという共通の目標はありますが、選手とオーナーでは全く考え方が違うのです。


それを理解しないと、経営者の夢の押しつけになってしまいます。



社員1人1人も、経営者と違う沢山の夢があります。


誰もが理想の自分になりたいと思っているのです。


従業員が理想の自分になるための環境をつくることと、
会社が理想の姿に近づくことを同時に実現するのは不可能、又は、相反するものだと考える人もいるでしょう。


しかし、ドリームマネジメントではそこに相乗効果があると考えています。



「組織を動かす人間が理想に近づこうと努力するとき、その組織もまた理想に近づく」


その夢、本当に社員の夢ですか?_c0212312_1744755.jpg




ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。



■ドリームマネジメント公式サイト
http://welovedream.com/


■佐々木亮輔がドリームマネジメントのファシリテーターになったわけ
http://r-faith.com/dream_management/


■ドリームマネジメントに関して、お気軽にお問合せ下さい
http://r-faith.com/contact.html


# by sasaki-ryosuke | 2016-07-03 23:10 | ドリームマネージャー、ドリームマネージメ

ハゲそろばん

はけそろばん




ハゲそろばん_c0212312_20291160.jpg



先週、小学校からの友達M君から、

『近くに来たから、昼飯でも食べに行こう』

という電話があり、
2人で定食屋で昼食を取りました。

M君はいわゆる悪友です。

彼の腕っぷしの強さは群を抜いていて、
ケンカばかりしていましたが、
M君が負けたことは見たことはありませんでした。

結構一緒に悪いこともしました。
(下らないことが多かったのですが・・・)

夜、1階のベランダから同級生の女の子の×××を取ったり、
一緒にの×きなどもしたりしました。
(大昔のことです。。。)

そんな昔話を色々していたら、
出てきたのが『ハゲそろばん』の話。

もうすぐ中学校を卒業するという時期、
やることがなくて、
夜になると、よくみんなでたむろっていました。

その時も、5人ほどで、たむろっていて
『何か、面白いことねぇ?』
みたいな話をしていました。

そしたら、その中の1人が、

『オレが小学校の時に通っていたソロバン塾の塾長がすげえ怖いんだよ。
プロレスラーみたいなんだけど、ハゲなんだよね!!』

と言いだしました。


みんながその話に喰いつき

『それって、ハゲそろばんじゃねぇ??』

『ハゲで、プロレスラーみたいでそろばん塾長って変じゃねぇ??』

みたいな感じで盛り上がってしまい、
結局、みんなでハゲそろばんに行くことになりました。

特に電話をしてから行ったわけでもなく、
“ハゲでプロレスラーみたいなソロバン塾長を見る”
という冷やかしが目的です。

いざ、“ハゲそろばん”に着いてみると、
授業中で、中に塾長はいる様子。

その時は、みんなが“ハゲそろばん塾長を見たい”という気持ちでいっぱいです。
なんとかして、引きずり出そうみたいなことを話し合いました。


そして、出た結論が

“みんなで、からかいに行こう!!”

です。


今考えると、本当に迷惑な話ですが、
その当時は、わくわくしていました。
(本当にごめんなさい。。。)

みんなが“ハゲそろばん塾長”を見たくて
たまらなかったのです。

5人で自転車に乗って、ハゲそろばんの前に近づくと、
外に漏れる程の塾長の大きな声が聞こえてきました。

『うぉ!!ハゲの声が聞こえてくるぜ!!』

みたいな感じで盛り上がり、
事前に打合せした通り、
塾の目の前で、みんなで声を合わせて、


『は~げ、は~げ、ハゲそろばん!!』


と、大声で叫びました。
(アホですみません。。。)

こうなると、悪ノリです。

5人で、自転車で連なり、
何度もハゲそろばんの前を往復して、


『はーげ、はーげ、ハゲそろばん~!!』


と叫びました。

懲りずに、叫びながら自転車で通ろうとしたその時、

突然、そろばん塾の扉が勢いよく開き、
まさにハゲでプロレスラーみたいな人が、
躊躇なくもの凄い勢いで飛び出してきたのです。


そう、ハゲそろばん塾長本人です。


恐らく、ドアの向こうで僕達が来るタイミングを
見計らっていたのでしょう。

僕達は、必死になって逃げ出しました。
正直言うと、こんなにデカイ人だとは思いませんでした。


やばい!!早く逃げろ!!


一気に形成が不利になりました。


みんな必死になって自転車を漕ぎました。

しかし、そのハゲ塾長のスピードは凄まじいです。
獣のような動きで、仲間の1人を捉え、
自転車ごと倒してしまったのです。

その仲間は、人質として、
塾の中に引きずり込まれて行ってしまったのです。
(本当に獣のような動きでした。)


あっという間の出来ごとです。


結局、僕達は仲間が捉えられている
ハゲそろばんに謝りに行くことにしました。

ハゲそろばんの塾長はデカイし怖いし、
何よりメチャクチャ激怒していました。
(当然のことです。)


2時間程、正座&説教&ビンタを数発を喰らい、
何とか解放してもらいましたが、
本当にアホなことをしたものです。
(ハゲそろばんの塾長、本当にごめんなさい。)


そんなハゲそろばんの話しを、
25年振りにしたのですが、
2人で腹を抱えて大笑いです。

腹がよじれる程笑いました。


人間、本質は変わらないものですね。。。


※悪友M君との悪さは、まだまだあります。
また機会があったらブログで書きますね。
# by sasaki-ryosuke | 2016-07-02 23:21 | おもしろブログ

アメリカ発、世界的企業が導入している「ドリームマネジメント」のセッションを日本で初めて行った佐々木亮輔のブログです。


by sasaki-ryosuke
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30